「自分の弱さを肯定すること」 生きるヒントが得られる“オススメTEDトーク”3選

2016年2月13日 06:00
 

1984年にアメリカではじまった「TED」。ミュージシャンや大学教授といった著名人から、一般の人まで、さまざまな分野の人がプレゼンテーションを行っています。

関連リンク

・見慣れない丸や線が…「新しい洗濯表示」何が変わったか知ってますか?
・家で野外で活躍!アウトドア料理研究家の愛用品 [PR]
・時短どころかむしろ非効率!「主婦が複数の家事を同時に行う」リスク3つ
スピーチをする女性

© lightpoet - Fotolia.com



英語の勉強として活用できるのはもちろん、考え方のヒントになることも。オススメTEDトークを紹介します。

■ゲイル・ゼマク・レモン「最前線でアメリカの戦争を戦う女性たち」

“戦う女性”というキーワードを聞いたとき、どのようなイメージを持つでしょうか? 仕事をバリバリこなす女性? それとも自分の意見や考え方を堂々と話せる女性? 

じつは、このスピーチでは文字どおりの“戦場で武器をとって戦う女性”にスポットがあてられています。話しているのは、記者の女性です。

もともと、アメリカ軍では女性の戦闘参加は禁止されていました。けれど、2011年に初の女性の特殊部隊がアフガニスタンの前線に派遣されたのです。

その理由は、「アフガニスタンの文化では男性が女性に声をかけるのは失礼にあたるため、現地の女性とコミュニケーションをとるには同じ女性でなければいけなかった」から。地域住民との信頼関係をつくるために、女性兵士は必要だったようです。

あなたはふだん、過酷な環境に置かれたとき、どのようなことを考えて行動していますか。また、チームが一丸となってプロジェクトに取りくんでいるでしょうか。

自分のやっていることの意義を見失いそうになったとき、このスピーチはきっとヒントをくれると思います。


新着くらしまとめ

もっと見る

子どもの教育アンケート

もっと見る
ピックアップ
現在の賛同数:
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
mail
メールマガジン
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.