20時就寝って本当? ワーキングホリデー1日の過ごし方

 

ワーキングホリデーに行っている人たち、実際にどんな生活をしているのでしょうか。

笑顔の学生たち

(c)Nejron Photo - Fotolia.com



具体的なイメージがつかめないので、渡航後の計画や準備、心構えができないという方もいると思います。

そこで、オーストラリアでのワーホリの3大ライフスタイルを、カフェ、ファーム、語学学校の3種類に分けて紹介します。

■カフェでの一日

現在、私は朝食カフェでアルバイトをしています。パブなどの11時オープンのお店で働くよりは、早い時間帯の生活スタイルで過ごしています。
6:30 起床、朝食
7:00 メイク、準備
8:00 始業
13:30 昼食休憩
16:00 終業、帰宅
17:30 夕食
18:30 入浴。友人と連絡をとったり、ネットサーフィンをしたり。
21:30 就寝

朝食カフェの仕事は、当たり前ですが早朝から始まります。日本でも8時頃から勤務している人も多いと思うので、苦痛だと思う方は少ないかもしれません。

夕方からの時間を長く使えるので、アラサー女子にはオススメです。

■ファームでの一日

私が経験したファームでの一日です。
4:30 起床、朝食
5:15 集合(一緒に働く仲間たちとバンで揺られて畑まで行きます)
5:30 始業、ピッキング開始
10:30 ピッキング終了
10:45 昼食休憩
11:15 パッキング開始
14:00 パッキング終了、終業
15:00 洗濯
16:00 夕食
17:00 入浴、自室でゆっくりしたり、共有スペースで日本人の仲間と談笑するなど。
20:30 就寝

基本的にファームでの生活は過酷。朝が苦手な方にはかなり厳しいかもしれません。生活のリズムがいわゆる日本での普通の仕事から3~4時間早まります。

私がいたファームでは、シャワー室が少なかったので、他の人が入っている時間を避け少し遅めに入っていました。

他の女子たちは終業とともにシャワールームへ駆け込むので、その間の比較的洗濯機が空いた時間をねらって洗濯をします。

ファームでの生活では早く体を休めるために、他の人たちとのタイミングを少しずらした行動が、最も重要になります。

■語学学校での一日

私がバックパッカーズホテルに滞在していたときに知り合った、台湾人の友人の生活を紹介。
7:00 起床、朝食
7:30 出発
8:30 授業開始
12:00 昼食休憩
15:30 授業終了
16:30 バッパー帰着
19:00 夕食、明日の弁当作り。宿題をしたり、バッパーの仲間と談笑したり、映画を見たり。
23:00 入浴
24:00 就寝

友人は語学学校に通っている間、アルバイトをしていなかったので、授業の終了とともに滞在先のホテルに戻り宿題をしていました。


新着くらしまとめ

もっと見る

子どもの教育アンケート

もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
twitter
twitter
facebook
Facebook
mail
メールマガジン
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.