自宅で簡単! 英語が話せるようになるラクラク勉強法

 

英会話はいつの時代もとても人気のある習い事。英語ができれば自分の世界がぐんと広がるので、英語ペラペラになりたいと思っている人も多いはず。

パソコンを使う女性

(c)WavebreakMediaMicro - Fotolia.com



英語を話せるようになりたいけど、習いに行くのはハードルが高い…と感じている人は、ラジオの英会話講座でがオススメです。

ラジオでの英会話レッスンの上手な使い方をご紹介します。

■自分にピッタリの講座を見つける

「NHKのラジオ講座」にはさまざまなレベルの英語講座があり、自分のレベルに合った講座を見つけることができます。

自分のレベルは、「英語力測定テスト2015|NHK出版」を利用すると15分ほどで測定できます。

基礎編と応用編がありますので、どちらか一方、または両方を試してみましょう。

リスニングテストもありますので、音を出してもいい環境でテストしてください。

候補の講座が複数出てきたら、聞いてみて優しいと感じるほうを選ぶほうが続けやすいでしょう。

■テキストを購入する

どの講座を利用するかを決めたら、紙でも電子でも好きな方で構いませんので、テキストを購入しましょう。

ただ流して聞くだけでは、せっかく時間を作って英会話を聞いても、たいていの人はあっという間に忘れてしまいます。聞いて、目で見て、覚えましょう。

紙のテキストはさっとメモをするのに便利ですし、よりはやく特定のページを開いたり探すとができます。

電子テキストはスマホでいつでも手軽にチェックでき、邪魔にならないことが利点です。

■大きな声を出して反復練習をする

テキストを眺めながらラジオ講座を聞き流しているだけでは、英会話はなかなか上達しません。

英語を使う環境にない日本人の大人ですと、ラジオから流れてくるネイティブの発音に近い発音ができるまでには、ある程度の練習が必要です。

実は発音練習は、もごもごとこもるような小さな声でするのではなく、大きな声ではっきりと、ネイティブになったつもりで行ったほうが上達のコツ。

鏡の前で口や目をチェックしながら、表情豊かに発音練習しちゃいましょう!

暗記するほど反復練習をしていると、英会話をする機会が突然やってきたとき、自然と口から英語が出てきます。

これぞまさに「習うより慣れろ」です。

いかがでしたか? 今はパソコンやスマホがあればラジオ講座を聞けますし、電子テキストも読めます。場所を選ばないで英会話の練習ができます。…


新着くらしまとめ

もっと見る

子どもの教育アンケート

もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
twitter
twitter
facebook
Facebook
mail
メールマガジン
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.