資料より雑談がいい!? 繁忙期の3月を乗りきるための時短テク

 

多くの企業が決算期を迎える3月。連日の残業でプライベートがぼろぼろ…という人も多いのでは?

電話中の女性

© jackfrog - Fotolia.com



そこで、繁忙期を乗りきるための時短テクを紹介します。

■忙しいときほどファイリングやメモをまめに

忙しさに追われて、机やPCのデスクトップがぐちゃぐちゃになっていませんか? メモやファイルが散乱すると、次に使う際にすぐ見つからず、結局時間をとられてしまいます。

そのときどきは面倒でも、メモやファイリングはまめに、落ちついて整理しましょう。どうしても都度の処理や作業はできない…という人は、作業時間をあらかじめ確保しては。

どんなに忙しくても、強制的にスケジュールに入れてしまった方が、後々スムーズに運ぶことが多いですよ。

■メールより電話、資料より雑談がいい場合もある

なんでもメールですむがゆえに、電話をかけるのがはばかられる感覚ってありませんか? でも、相手の返事次第でこちらの提案が変わる場合や、前提が複数あるような話は、電話の方が早く、先方の時間も奪わずにすみます。

つねにメールで処理している人は、ケースバイケースで電話をうまく活用することで時短になるかもしれません。

また、上司やクライアントから資料提出を求められたときは、イメージや方向性を事前に共有しておくことが大切です。忙しいときほど雑談や打ちあわせの時間を持ち、資料をつくりこむ前に骨子を「握って」おきましょう。そうすることで、無駄な作業や時間を省き、相手の求めるものに近づけることができます。



新着くらしまとめ


オススメコンテンツ

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.