「好き」や「自分らしさ」から生まれる “心のゆとり” の育て方

 

心理カウンセラーの小高千枝です。先日、あるテレビ番組で “下着”への意識の配り方についてコメントをさせていただきました。

下着は自分の肌に直接触れるものです。女性は皮膚感覚が男性よりも10倍敏感だといわれているため、自分がつけ心地のよい素材のものや、気分が上がる色彩豊かな下着を身につけることで、高揚感心の安定が保たれ、愛しむ気持ちや優しさが芽生えてくるのです。

© Yuliya Yafimik - Fotolia.com


下着や洋服、バッグやアクセサリーなど、いつも一緒にいるものだからこそ “好き”を大切にして選んでいくと、自然と心のゆとりが生まれてきます。今回は“身に着けるもの”の選び方ひとつで変わる「心のゆとり」の育て方についてご紹介いたします。

その1:「本当の自分」の魅せ方を習得する私は白い服が好きです。白は素直さ、順応性、誠実で自分に厳しく、不正なものを避けることを意味するため、私自身の人生の基礎として捉えている色です。柔らかい白、凜とした背筋が伸びる白と様々な顔を見せてくれるため仕事上、 “白い服” をケースバイケースで使いこなしています。

ただ、あくまでも自分が社会で演じている “顔”に寄り添っている色。プライベートでは違った色を楽しみ、素材も気分に合わせたものを自然と選択するようになりました。心に安らぎをもたらすものや、気分がのってくるものなど。一番身近にあるものだからこそ、その時の自分の 立場 キャラ にあった “楽しみ”を忘れないでいたいと思っています。

そして、ある程度の年代になるとアクセサリーにも自分らしさを反映させたいもの。私は線が細く、小ぶりのアクセサリーが好きです。きっと、そういう華奢なイメージにどこかに憧れもあるのかもしれませんね。

© iroto123 - Fotolia.com


繊細なアクセサリーをつけると、身のこなしに変化が生まれます。伸びやかでゆっくりとした手の動き、柔らかい表情。アクセサリーのイメージに順応しようとする意識から、自然と一体化できるようになっていけるのです。パーティやイベントへ足を運ぶときは少し大ぶりのものも。ただ “ジャラジャラ” つけるのではなく、ポイントを抑えて。

自分だけが知っている、本当の自分の魅せ方ができるようになると、心にゆとりと余裕が芽生え、瞬間瞬間の幸福感を味わうことができます。


新着くらしまとめ

もっと見る

子どもの教育アンケート

もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
twitter
twitter
facebook
Facebook
mail
メールマガジン
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.