相手が風邪をひいた時にかける言葉【ムギ子のまじぽん使える英会話 Vol.27】

 

ハロージャパン! ライターの尾崎ムギ子です。

ムギ子のまじぽん使える英会話

イラスト/尾崎ムギ子



気温差の激しい日々ですが、みなさま、風邪などひいていませんか?

わたしはバッチリひいております。このコラムはムギ子の「風邪報告」になりつつありますネ…。

■第27回:“Too bad.”は「悪すぎ」?

I’ve got a cold.(風邪をひきました)

と言ったら、こう言われて戸惑ったことがあります。

That’s too bad.

tooはtoo muchのtooで「~すぎる」。てことは、「悪すぎ」? …え、わたしが風邪ひいたのって、そんなにダメだったかな…。

いえいえ、この“That’s too bad.”は、「お気の毒に」という意味なんです。

似たような意味だと、

I’m sorry.(お気の毒に)

こちらはいよいよ、「え…わたし謝られるようなことしたっけ…」と混乱に陥ります。

この二つの表現はまるっと覚えてしましょう。

ちなみに、“I’m sorry.”と謝られた場合、“Don’t be sorry.”という言い方をします。

I’m sorry I’m late.(遅れてごめんなさい)

Don’t be sorry.(謝らないでいいよ)

言われたいセンテンスNo.1でございます。



新着くらしまとめ

もっと見る

子どもの教育アンケート

もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
twitter
twitter
facebook
Facebook
mail
メールマガジン
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.