ウーマンエキサイトのママ読者モデル「ママリーダーズ」

ウーマンエキサイトのママ読者モデル「ママリーダーズ」

ママ読者モデルに選ばれた12名の「ママリーダーズ」にインタビュー! その素顔に迫ります。

特集へ戻る

“仕事大好き人間”の私。「ひとりの女性としての背中を娘に見せたい」【ママリーダーズ:小池弘代さん】

 

ウーマンエキサイトのママ読者モデル「ママリーダーズ」のメンバーを紹介します。日々を振り返りながら語る、母として女性としての思いとは?

■小池弘代さん

小池さん

小池弘代 Hiroyo Koike
大手広告代理店の営業職ほか、さまざまな企業・職種で活躍ののち、現在は(株)スペースマーケットにてPR事業や地方創生・観光DMO支援、「MICE」等のイベントプロデュースを担当。

プライベートでは小学1年生になる娘がおり、家事に育児に仕事にと奮闘する日々。旅行、ファッション、おいしいお酒や食べものなど、好きなものや友人・家族に囲まれて過ごす時間が、何より“ハッピースマイル”になれる秘訣。
年齢: 37歳
家族構成: 夫、娘(6歳)
居住地: 東京都
興味のあるジャンル: くらし、教育、ファッション、旅行、アウトドア

Instagram:@hiroyasumi
Facebook:https://www.facebook.com/hiroyo.koizumi.7


■キャリアに悩んだとき、働く私を応援してくれたのは娘でした

「もともと仕事大好き人間なのですが、娘がいてくれるからこそ、より強くなれたんです」と語る小池さん。“小1の壁”を控えた3月に転職するなど、攻めの姿勢で仕事に励んでいます。

娘さんが幼いころには、子どもがいての最適な働き方について悩んだ日々もあったそうですが、小池さんの背中を押してくれたのは、ほかならぬ娘さんでした。「ママ頑張って!」…その言葉を聞いてからは、「自分らしく生きる“ひとりの女性”としての背中を見せていきたい」と思えたそうです。

小池さんが仕事に全力を注げるのは、“娘さん命”な旦那様の存在も欠かせません。子育てに有用な情報を見つけると、すぐにリンクを貼ったメールを小池さんに送ってくる情報通な旦那様なのだとか。

「うちはママとパパの役割が逆なんです(笑)」と語る小池さん。しかし、娘さんを見つめるそのまなざしは、とてもママらしい、温かな慈愛に満ちたものでした。

■「仕事も家庭もめいっぱい楽しむ」が家族のモットー

小池さん

「仕事も一生懸命、遊びも一生懸命」。そんなモットーを持つ小池家の週末は、車でのおでかけが定番。近場の郊外にでかけることが多く、今一番欲しいのは、新しいテントやキャンプ用品。介護などの将来も見据えて義両親が建てられた新居が鎌倉にあり、今年はそこでも多くの時間を過ごしたそうです。

都内と鎌倉、憧れの“デュアルライフ”も実現している小池さんですが、お肌や体のメンテナンス時間が取れないことや、娘さんの進学先やお稽古事の選択に頭を悩ませているのは、多くのママたちと同じ。

「ワーキングマザーとしての悩みを共有できれば」「母としてだけでなく、妻や女性としても、より人生を楽しむためのライフスタイルを一緒に模索していければ」といった思いで、今回のママリーダーズに参加を決めました。

■過保護になりすぎず、勉強以外の成長機会もたくさん与えたい

「3歳までは、娘の体調のことで何かとセンシティブになっていました」と小池さん。しかし徐々に免疫力も付いてきたそうで、今は「過保護になりすぎず、勉学以外での成長機会もたくさん与えてあげたい」と考えているとか。

小池さん


「ライフワークとして手がけていた、オールハンドメイドの子供服のオリジナルブランドを再開させたいです」と今後の夢も語ってくれた小池さん。そのモットーは、「アグレシッブに年齢を重ねていく」ということ。歳をとることにネガティブにならず、どんどん興味があるものに挑戦していきたいといいます。

ライフスタイルのトレンドや子育て情報にも詳しい小池さん。今後どんなお話を伺えるか、とても楽しみです。

(撮影/根田拓也、取材・文/外山ゆひら)


現在の賛同数:
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.