記念日にお祝いしていない!? 夫婦になるとなぜ何もしなくなるの

2016年12月2日 20:00
 

内藤 里奈 ライター
内藤 里奈

つきあった日、結婚した日など、「記念日」を大切にしている女性は多いと思います。でも指折り数えた大切な日も、年月がたてば「あたりまえ」になり、さらには「え? 今日だったっけ?」となってしまいがち。

目次

・半数近くが記念日にお祝いしていない!?
・記念日のお祝い、本当はどうしたい?
・記念日を長く祝うには

© Kalim - Fotolia.com


実際のところ、みんな記念日のプレゼントはどうしているのでしょうか? そんな疑問を知りたくて、私のまわりにいる結婚7年未満の女性を対象に、記念日に関する質問をしてみました。

■半数近くが記念日にお祝いしていない!?

Q.「記念日」お祝いしてる?
Yes 7人
No 13人

「結婚する前は記念日にデートしていたけれど、いまは『記念日って何それ?』的な感じになっている」(29歳/結婚4年目)

「一緒に住んでいると記念日を意識することがなくて、ほぼスルー状態」(30歳/結婚2年目)

「3年目まで結婚記念日をしていたものの、ネタが尽きてからは自然としなくなった」(28歳/結婚7年目)

なんと半数以上の方がNoという回答をしました。詳しく聞いてみると、「ネタ尽き」という声が多く目立ちます。

いっぽう「記念日をしている」と答えた方からはこんな意見が。

「結婚記念日は夫がケーキとお花を買ってきてくれる。まだ2年目なので、新鮮な気持ちで迎えています」(33歳/結婚2年目)

「今年で結婚5年目。結婚記念日は子供を預けて旦那とふたりきりの時間を設けています」(32歳/結婚5年目)

なかにはつきあった記念日と結婚記念日のふたつをお祝いしているという方も。

いまはお祝いという日を特別設けていない人たちからも、「結婚して3年目を境にお祝いムードが薄れてしまった」という声が多く見受けられました。


新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
現在の賛同数:
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.