「子どもできて変わったね」と言われがちな旧友 疎遠にならないつきあい方

2017年2月15日 20:00
 

結婚して家庭ができると、昔からの友人と会う機会は減ってしまいがち。大切な存在ということは変わりませんが、環境が大きく変わるとちょっとしたひとことや気持ちのすれ違いが原因で、関係が切れてしまうケースも珍しくありません。

結婚してから疎遠になった友人がいる、独身の友人とつきあいにくくなったことを寂しく感じている…。そんな人は、まずは自分の接し方から変えてみてはいかがでしょうか?

目次

・旧友とのつきあいも基本を大切にする
・お互いが楽しめる話題を心がける
・結婚生活・子育ての話はする? しない?
・自分から「提案」する

© Antonioguillem - Fotolia.com


■旧友とのつきあいも基本を大切にする

子育て中は、友人と会う約束をしていても、「子どもが熱を出した」「夫の予定が変わって、子どもをみてもらえなくなった」などの理由で、キャンセルしなくてはならない場面が少なくありません。

子どものことが最優先。それはママにとって当たり前ですし、たとえ友人が独身でもそれが原因で機嫌を損ねる人はきっと少ないと思います。

ただ、約束をキャンセルした当人が「仕方ない」「当たり前」という態度では、やはりキャンセルされた方は良い気はしないはず。会えなくて残念、寂しいという気持ちにもなるでしょう。

そのため、約束をキャンセルしたことに対して「申し訳ない」「自分も残念」という気持ちを伝えることが大切です。

まずはきちんと「ごめんなさい」と伝えて、相手が理解してくれたら「ありがとう」の気持ちもしっかり伝えましょう。

さらに、かわりの日時などをこちらから提案することで、「会いたい」という気持ちも伝えられると、相手も安心するのではないでしょうか。

■お互いが楽しめる話題を心がける

お互いに既婚者だと、どうしても結婚生活や子育ての話題が多くなります。しかし、昔からの親しい友人と会っているときは、家庭のことは忘れて楽しみたい! という人もいるのではないでしょうか?

家庭や子育ての愚痴で盛り上がってストレス発散! という場合ももちろんあると思います。ただ、意外とデリケートな話題なので、仲の良い友人同士でも、ときには自慢話に聞こえてしまったり、考え方の違いで気まずくなってしまったりすることも。

そのため、一方的に家庭・子育てのことばかりを話題にするのは避けた方が良いかも。意識的にほかの話題も盛り込んで、せっかく会えたのだから、いろいろな話ができると良いですね。

■結婚生活・子育ての話はする? しない?

独身者や子どもがいない女性には、「結婚生活・子育ての話は控えるべき」と言う人もいますが、私自身は気にしすぎる必要はないように思います。

未婚・既婚、子どもがいる・いないという違いがあっても、そこは同じ女性。理解し合える部分はたくさんあるはずです。ましてや友人同士ですから、結婚生活や子育ての話を必要以上に遠慮するのも、なんだか不自然な気がします。

ただ、愚痴ばかりになってしまう、自分の話ばかりするというのは、思いやりに欠けた、相手に不快な思いをさせる行為です。愚痴ばかりにならないこと、相手の話もきちんと聞くことは心がけたいものです。

■自分から「提案」する

「こちらが独身で相手が既婚・子持ちだと、なんとなく誘いにくい」という話をよく耳にします。この誘えない理由のひとつには、「既婚女性・ママたちが、どんな生活を送っているのかわからない」というものがあるように思います。

とくに子育て中は、独身女性となかなかタイミングがあわないことも多くなります。そのため、独身女性の方が必要以上に気を使わなくてすむように、自分から日時や場所の希望を伝えてみてはいかがでしょうか?

「○日○時に××で!」と一方的に言ってしまうと「わがまま」な印象になってしまいかねないので、「○日○時に、場所は××だとうれしいけれど、あなたの都合はどう?」と、提案として伝えられると良いですね。

今回紹介したのは、あくまでも私自身が独身者として、そして既婚者としてこれまでに感じたことをもとにしたポイントです。

人間関係は千差万別、すべてのケースに当てはまるものではないかもしれません。ただ、「大切な友人を失いたくない」という気持ちは、きっと誰にでもあるはず。そんな願いをかなえるための、ちょっとした参考になれば幸いです。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
現在の賛同数:
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

シンちゃん