ほのぼの!レンタサイクルで春爛漫の茨城を散策「つくば霞ヶ浦りんりんロード」

2017年3月20日 11:00
 

[PR]



■湖の景色を楽しむなら、霞ヶ浦ルート!

もうひとつのコースは、日本第2位の湖をめぐる霞ヶ浦ルート。涼しい湖畔の風をうけながらのサイクリングは、これからの季節にぴったりです。

霞ヶ浦大橋を渡るのも気持ちがいい


一周すると140kmもあるので、どこか一部を走るのが一般的です。ファミリーにおすすめなのは、霞ヶ浦西側にあるかすみがうら市周辺。湖畔には、水族館や展望台もある歩崎公園があります。

■霞ヶ浦ルートのおすすめ立ち寄りスポット

霞ヶ浦ルートを走るなら、ランチにぜひ立ち寄りたいのが、歩崎公園内にある「かすみキッチン」です。

かすみキッチン



“地産地消×ヘルシー”をコンセプトにした、かすみがうら市の産品を生かしたメニューを味わえるレストランです。

内装には、廃校になった小学校の備品を使っていて、やさしい雰囲気。ソファ席もあり、ファミリーも快適。オムライスやカレー、ナポリタンなどのキッズメニューもあります。

蓮根豚ハンバーグ(1200円)



■サイクリングを楽しむヒント

コースを決める目安としては、大人なら時速15km前後。一日で60kmくらいは余裕で走れるそうです。ファミリーなら、お子さんの年齢や体力にあわせて走る場所を決めるといいですね。現地でもらえるマップには、いろいろなコースが紹介されているので参考になります。

持ち物は、急な天候の変化に備えて、カッパがあると安心。子連れなら、着替えやタオル、飲み物なども用意しておきましょう。貸自転車にはカゴがないので荷物はショルダーバッグやボディバッグ、リュックサックなどにまとめると、走るときにじゃまになりません。

サイクリングコース周辺には、トイレの利用や雨宿り、空気入れや工具が使える自転車サポートステーションが約200カ所もあるので安心。


ところで、サイクリングは最近外国人にも人気ですが、「つくば霞ヶ浦りんりんロード」では、一部区間の道路標示に日本語・英語・タイ語・中国語・韓国語の多言語表記もありました。茨城空港も近く、成田空港からのアクセスもよいので、今後外国人旅行者も増えそう。多言語表記の対応区間もこれからもっと増やしていくようです。

■サイクリング以外の楽しみも多彩

茨城は首都圏なら日帰りでも行けますが、ファミリーで行くなら、のんびり泊まりの旅もおすすめ。サイクリング以外のお楽しみもいろいろあります。

●つくば市ふれあいの里

そば打ち体験施設使用料大人310円(材料費1人前500円)


自然を活用した施設です。キャンプ場やコテージ、バーベキュー施設があり、そば打ち体験も楽しめます。私も初めてやってみましたが、自分で打ったそばの味は格別。子どもも遊び感覚で楽しめそうです。

●フルーツ狩り

いちご狩りは3月の平日は一般1300円で30分食べ放題(季節、曜日によって変更)


茨城はフルーツ王国。なかでもメロンは、栽培面積・生産量ともに日本一。また、いちごの名産地でもあります。今回は旬のいちご狩りを体験するため、鉾田市の深作農園へ。同農園ではいちごは12月上旬~5月上旬、メロンは5月中旬~10月中旬がシーズンです。

サイクリングは風の音や草木や花のにおいなど、自然がダイレクトに感じられるのが魅力。気になる景色があれば、好きなところで停まって写真も撮れるし、疲れたら適当に休めるので、子連れでも気持ちに余裕が生まれるでしょう。

茨城は首都圏からのアクセスもよく、東京・秋葉原駅からつくば駅、上野駅から土浦駅は、いずれも最短45分。気軽に行けて豊かな自然にいやされる茨城サイクリング。週末のリフレッシュにもおすすめです。

PR:茨城県
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
現在の賛同数:
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.