ガチャガチャを無駄にしない! 持て余した空カプセルの再利用術

2017年3月19日 17:00
 

丸部りぃ ライター
丸部りぃ

子どもはカプセルトイ、いわゆる「ガチャガチャ」が大好き。その中身だけでなく、カプセルまで大事にしたがるのが困りものです。捨ててしまいたいのはやまやまだけど、子どもが怒り出すことも…。そんなときは、子どもと楽しめるアイテムに変身させてしまいましょう!

目次

・カプセルで作るオーナメント
・小さい子におすすめのアレンジ
・意外と便利な活用法
ガチャガチャ

(c) Paylessimages - Fotolia.com



■カプセルで作るオーナメント

子どもは大事にしているものを捨てると怒りますが、別の形にアレンジして楽しんだ後は、そのものに対する執着がなくなっていることもあります。

そんな子には、工作の材料として使うのがおすすめです。ペンなどでカプセルに絵を描かせ、それを飾るだけでもOK。好きなイラストを描く子もいれば、形状をいかしたアイデアを見せる子もいて、仕上がりが楽しみになるはず。

カプセルに穴が開いていれば、糸でつないでオーナメントに。色の組み合わせを楽しんだり、リボンなどをつけたりと、子どもの想像力を働かせて自由に作りましょう。

せっかく作ってくれたのだから、しばらくは部屋に飾っておくのもいいでしょう。落ちやすかったり、壊れかけてきたころに「危ないからバイバイしよう」と提案すると、捨てることをあっさり認めてくれることもあります。

■小さい子におすすめのアレンジ

カプセルは砂場でも大活躍。自分では難しい、ドーム状の砂を簡単に作れるので、いつもの砂遊びにも変化が生まれます。女の子なら、それをご飯に見立てておままごとに発展することも。

汚れたり壊れたりしても捨てればいいし、次から次へとたまるのだから、安心して遊べます。しかし、割れてしまうと手をケガすることがあるので気をつけましょう。

さらに小さな子どもには、米や小豆、鈴などを入れて鳴らすオモチャにしてあげるのもいいですね。小豆はけっこう大きな音が鳴るので、マンションなどでは米を選ぶといいかもしれません。

これは犬や猫のオモチャとしても使えます。中身が飛び散らないよう、粘着テープなどでつなぎ目をしっかりくっつけておきましょう。


新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
現在の賛同数:
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.