新婚旅行で困らないために勉強!? 「一番身につけたい外国語」って?

2011年9月12日 15:59
 

海外旅行に行ったときや、海外ドラマを見ているとき、あるいはイケメンの外国人を見たときなど(?)、「外国語がわかれば……!」と心底思うこと、ありませんか?このグローバル化する社会の中では、仕事中にそう強く感じる女子も多いかもしれませんね。そんな中、今働く女子が一番身につけたい言語とは?昔から人気の英語やフランス語はさることながら、ドラマや音楽が人気の韓国、成長著しい中国の言語にも人気が集まりそう。さてその実態は?働く女子にアンケートで聞いてみました!

Q「あなたが一番身につけたい第二言語は?」
・英語……78%
・その他の言語……22%

数千あるとも言われている世界中のあらゆる言語を押さえて、ご覧の通り英語が人気を独占。「その他の言語」として、人気のある順に「中国語」、「韓国語」、「フランス語」と並びましたが、英語に比べるとかなり低い割合です。「今どき英語が話せるくらい、大したことはない」だとか「英語なんてもう古い。次に使えるのは中国語だ」なんて話が囁かれることもありますが、結局は「とりあえず世界でよく使われている言語だから」(22歳/医療・福祉/事務系専門職)という理由で、英語学習の需要がズバ抜けて高いんですね。

しかし残念なことに、「現在、外国語の勉強をしていますか?」という質問に「はい」と答えた女子は、全体の18%にすぎず。忙しさや“今さら感”を理由に、実際の学習には踏み切れていない人がほとんどのようです。だからといって、このまま諦めるのはもったいないのでは……!?

たとえば、多くの人が身につけたいという英語の学習ならば、「一番身近な外国語なので、習得しやすそう」(30歳/販売職・サービス系)というメリットがあります。そのメリットを利用して、「英語のニュースサイトをみる」(26歳/情報・IT/営業職)、「英会話カフェに行く」(25歳/金融・証券/専門職)、「会社の研修を利用する」(30歳/マスコミ・広告/クリエイティブ職)というように、さりげなくかつ賢く学習している人を、ぜひお手本にしたいところ。また英語の場合、基礎の基礎は一応誰もが義務教育で学んだ(はず)なので、スタートもゼロからではないところがうれしいですよね。

しかし同時に、「ゼロからでもはじめたい!」という強いモチベーションもまた、語学習得を促すひとつの要素。「新婚旅行で行きたいと思っているので、そのときに困らないようにドイツ語」(24歳/情報・IT/技術職)、「K-POPが好きだから、韓国語」(25歳/機械・精密機器/技術職)、「国が経済成長しているから、仕事に役立ちそうな中国語」(23歳/食品・飲料/技術職)など、理由は“乙女”でも“ミーハー”でも“堅実”でも、何だっていいんです。こういった確かなモチベーションって、仕事でもプライベートでも、成果に結びつきやすいんですよね。

「言うは易し、行うは難し」で、実際ほとんどの人が踏み切れていない語学学習への取り組みですが、それはある意味、人に差をつけるチャンスなのかも。1日10分でも15分でも、音を聞いたり文章を読んだりする時間を作って、「語学の秋」をスタートしてみてはいかがでしょうか?

(つくしの万葉+プレスラボ)

『escala cafe』にて2011年8月にWebアンケート。有効回答数274件(escala cafe会員)。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
現在の賛同数:
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.