ドラマ「A LIFE」最終回視聴率アップの秘策

2017年3月19日 19:30
 

関連リンク

・綾野剛&二階堂ふみ「恋愛体質」コンビのドラマ共演に熱視線
・天海祐希、イタリアで何度も「私を愛して」と挨拶していた?
・RAD・野田洋次郎、女性だらけの現場を満喫?「美容グッズをいただいた」

(C)まいじつ

3月5日に放送された連続ドラマ『A LIFE~愛しき人~』(TBS系)の第8回で、木村拓哉が演じる外科医の沖田一光の部屋に、一輪の花が飾られていた。この一見すると何でもなさそうなシーンが、ファンのあいだで話題になっているという。

「これはSMAPファンへのオマージュに違いありません」(シナリオライター)

飾られていた花はガーベラ。この花は、SMAPが5人そろって最後のテレビ出演となった、昨年12月26日放送の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の最終回でも飾られていた花だ。

SMAPの人気を決定づけたフジテレビの『夢がMORINORI』では、5人それぞれにキャラクターの“色”がついていました。木村拓哉は赤、中居正広が青、稲垣吾郎はピンク、草彅剛は黄、香取慎吾には緑でした。スマスマの最終回では、この5色のガーベラが白い花瓶の中に飾られていたのです。今回のA LIFEは間違いなくこのシーンに影響された、ファンであれば気が付く演出です」(同・ライター)

■ ドラマの要所要所に登場している「ガーベラ」

ドラマでは、沖田の父が心臓の病気で入院し、「母さんの花を替えてくれ」と父から依頼される場面があった。そのときに沖田が選んだ花もガーベラだった。そこで、沖田演じる木村は一輪を手に「おふくろを救いたかった」とつぶやいてた。

「とても重要なシーンでガーベラが出てくるところに、かなり愛を持ってこのドラマをSMAPのファンに捧げていることが分かります。もっと深読みすると、先日、中居が病気で入院していたときに『見舞いに行きたかった』とも取れるシーンだったとも思います」(長年のSMAPファン)

第8回の視聴率は同ドラマで最高の15.7%を記録した。そして、19日には最終回を迎える。

「最後に視聴率を巻き返すため、SMAPファンに向けての演出が多く盛り込まれるかもしれません」(前出・ライター)

なりふり構わない姿勢は吉と出るか?

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
現在の賛同数:
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.