朝バナナより痩せる!? 新たなブームの予感「夜バナナダイエット」とは

2015年11月11日 19:40
 

朝バナナより痩せる!? 新たなブームの予感「夜バナナダイエット」とは

朝バナナより痩せる!? 新たなブームの予感「夜バナナダイエット」とは


女性にとって“ダイエット”は永遠のテーマ。芸能人やモデルが実践していると分かれば、すぐその方法を取り入れてみるという人も多いのでは?

これまでに炭水化物を取らない、夕食を食べないなど“●●抜きダイエット”が話題となり実践している人も多いと思いますが、それらはすでにもう古いダイエット法かもしれません。

今回は、今注目の“夜バナナダイエット”についてご紹介します。

■今注目の“夜バナナダイエット”とは?

夜バナナダイエットとは、

(1)夕食約30分前にバナナ2本(可食部約80gから100gのもの)を食べる

(2)その後にお湯もしくは緑茶など約200mlの水分を摂る

というダイエット方法です。バナナは1本あたりおよそ86キロカロリー(可食部100gあたり)程度と、ごはんやパンよりもカロリーが低い一方で、満腹感が得やすい食べ物。また、糖質・脂質などの代謝促進に関係するビタミンB群、むくみを抑えるカリウム、整腸作用のある食物繊維など、ダイエットをサポートする栄養素も豊富に含まれています。

■夜バナナと他のダイエット法との違いとは

医学博士・松生恒夫先生によると、

「日本人は比較的、夕食に重きを置く人が多い傾向にあります。また、夕食は料理そのものが高カロリーであったり、朝・昼に比べて量を多く食べたりお酒を飲んだりと、太りやすい食事パターンになりやすいものです。

しかしこれは裏を返すと、夕食における摂取カロリーを減らすことができれば、ダイエットが容易になるということ。腹持ちのよいバナナであれば、夜中に空腹感に苦しむこともなく、無理せずに続けられるのでリバウンドする可能性も少ないと言えそうです」とのこと。

また、「●●抜きなど、食べる量を減らす引き算のダイエットは“食べたいのに食べられない”というストレスが生じますが、バナナをプラスする足し算のダイエットは、満足感がしっかり得られます」とあって、いままで食欲に負けてきたダイエッターは、トライしてみてはいかがだろうか。

2008年頃に起きた“朝バナナダイエット”ブーム。今度は“夜バナナ”で、年末年始太りを回避してみては。

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
現在の賛同数:
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.