その優しさに騙されないで…「女を幸せにする男」の特徴

2011年10月28日 19:30
 

特定のパートナーがいないとなんだか焦る気持ちになりますが、“彼氏がいるから幸せ”、“結婚しているから幸せ”とも一概には言いにくいもの。

例えば、付き合った相手がとことんダメな男性だったら意味ないですよね。では、“パートナーに選ぶと幸せになれる男性”というのは、いったいどんな人なのでしょう?

■“優しい男”は要注意“付き合うと幸せになれる男性”というと、パッと思い浮かぶのが“性格のいい、優しい男性”ではないでしょうか。この際、見た目は妥協してでも、自分に優しくしてくれる男性がいいと思うかもしれません。

でも実は、優しい男性は要注意です。ぐっどうぃる博士の著書『男が本当に考えていることを知る方法』によると、女性に優しくするのはいわば男性の本能。目的の女性を見つけるとマメにメールをしたり、食事に誘ったり、女性のために面白い話をたくさんしたりします。

ところがこれは本当の優しさではなく、あなたを手に入れるための欲からくる行為なのです。そのため、男性によっては、あなたを手に入れたとたんにすっかり態度が変わってしまったりするのです。

「付き合う前は優しかったのに……」という声、よく聞きますよね。かといって冷たい男性が良いのかというとそうではなく、そういう素っ気ない男性は優しくしなくてもモテることを自覚していることは多いので、それはそれで要注意です。

大事なのは、付き合う前の優しさはずっと続くものではない、ということを知っておくことです。付き合ってからもずーっと優しくしてくれる男性は非常に稀なのです。

■痛みを知っている男性がいい単に付き合う前の優しさだけで選ぶのがキケンだとすると、どこで判断したらよいのでしょうか。博士によると、“恋愛で痛みを味わい、そこから学んだ男性”を選ぶとよいとのこと。

過去に恋愛で傷ついたことのある男性は、そこから学び、次の恋愛では寛容に優しくなれます。そういう男性を選ぶと、あなた自身が痛みを感じずにすむ可能性が高いのです。

付き合った途端に態度をガラっと変えるような男性ではないかどうか、彼のこれまでの恋愛遍歴をそれとなく探ってみましょう。

ただ、男性のなかには自分の恋愛遍歴を盛ったり偽ったりする人もいるので、共通の友人などに聞いてみてもよいかもしれません。

いくら婚活を頑張ったって、恋人探しに奮闘したって、結果あなたが幸せになれないのなら意味がありません。表面上のやさしさに惑わされずに、ちゃんと尊敬しあえるパートナー探しをしていけると良いですね!

【参考】ぐっどうぃる博士(2006)『男が本当に考えていることを知る方法』 高陵社書店


新着まとめ

もっと見る

ピックアップ

現在の賛同数:
記事配信社一覧

ピックアップ

上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.