財布を見るだけ?彼の年収が高いか一瞬で見極める方法

2011年10月31日 11:00
 

あなたは知り合って間もない男性と食事へ行ったとき、話してみるといい人のようだけど経済力の方はどうなのかしら…と思ったことはありませんか?

年齢を重ねるにつれ、無鉄砲な恋愛はできなくなりますし、結婚も視野に入れた付き合いとなると、相手の経済力を考えるのは当然のことです。

気持ちだけではどうにもならない現実がある以上、一定の収入がなければ結婚しても余裕を持った生活はしていけません。しかし面と向かって「あなた年収いくらですか?」なんてなかなか聞くことはできないですよね?

そこで、これまでに500人以上の財布を見てきた税理士の亀田潤一郎氏が『稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?』のなかで“こんな財布を持つ男性の経済力は低い”と以下のように紹介しているので参考にしてみてください。

1. 財布の中がレシートやカードでパンパンな男はダメメタボな財布を持つと、お金が逃げていくそうです。レシートや領収書はためずに、すぐに処理しましょう。ポイントカードのポイントを稼ごうと、余計な買い物をしてしまうのも要注意です。無駄なポイントカードを作らないように見極めましょう。

2. “お守り”入りもダメ財布のなかには、料金の支払い以外に必要なものを入れるのはやめましょう。不要なものは入れない、と心がけるのが大事です。

3. 傷んでいるのは論外財布をホテルに例えると、なかに入れる紙幣やコインはお客さまにになります。ボロボロのホテルにはお客さまはやってきません。痛んだ財布を使用するのは、金銭に気を配っていない証拠です。気をつけましょう。

このほかにもふたつ折りの財布はせっかくの新札が折れてしまうのと、お尻のポケットに入れたら尻に敷くことになってしまうので収入を遠ざけるのだといいます。

さらに相手の年収を探る際に、その答えを導き出す究極の法則を見つけたと亀田氏はつづけます。

「稼いでいる方たちは、他人の財布もよく見て持ち主を判断しています。財布から名刺を出す人が人間関係を大事にするとは思えませんからね。私は“財布の価格の約200倍が持ち主の年収”という法則に気付いたんですが、これがだいたい当てはまる。2万円の財布の方なら400万円、5万円の方なら1千万円という具合です。私も思い切って高額な財布を購入したところ、年収が飛躍的にアップしました」

いかがでしたでしょうか?財布を含めお金の管理がしっかりと行き届いている男性は仕事に関しても優秀な働きをして、結果を残しているのだと思います。

今後、男性と食事に行くことがあれば、お会計の際は財布のブランドとその中身を相手に感づかれない程度にのぞいてみることをオススメします。その男性が“稼ぐ男”かどうか判断できるかもしれませんよ。

【参考】
亀田潤一郎(2010)『稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?』 サンマーク出版


新着まとめ

もっと見る

ピックアップ

現在の賛同数:
記事配信社一覧

ピックアップ

上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.