「モテる&デキる男」と付き合う方法~オフィス編~【後編】

2011年11月30日 12:00
 

前編では、モテる&デキる男が、どんなことに気をつけてオフィス・ラブを楽しんでいるのかを紹介しました。後編では、彼らが“狙う女”“避ける女”について紹介していきましょう。

角川いつか氏の『非情な男ほどなぜモテる?』によると「まず彼らは、厄介そうな女には手を出さない、というところから始める」のだそうです。

やっぱり、デキる男はこういうところまでしっかりと考えて、自分の株が下がらないようにリスク回避しているんですね。

あざとい! まぁ、今回のテーマはこういった男性と付き合うにはどうするかということなので、そこには突っ込まないで進めます。では、彼らが考える厄介そうな女とは? 安全そうな女とは?

■厄介そうな女の特徴・やせすぎでキツめの美人は、オトしにくいが、いったんくっつくと離れにくい

・ぽちゃり型のかわいいタイプは、安定をもとめがち。依存して、結婚を前提としてくることも多い。

・えらの張ったタイプの美人は、わがまま・価値観に柔軟性がない・潔癖など、なにか動かしがたいクセ(我)がある。

・見かけをすごく気にする(飾りすぎる)タイプは恨みを抱きやすい。

・頑張りすぎている様子が見える、ぎりぎりな感じがする……無理をしているそんな女性は依存してきて、いざ別れるとなると神経を患うほど傷つくことがある。

“厄介そうな女=依存してくる女”ということです。彼らに結婚や安定を求めてはいけないんですね。運よく“モテる&デキる男”と付き合ったけれど、短期間で振られてしまったという経験をもっている人はいませんか。思い返してみてください。

もしかして、その時あなたは、相手に依存するような行動や言動を見せませんでしたか? そして、彼に「なんか、イメージと違ったんだよね。もっと自立した女性かと思ってた」なんていわれたりしたのでは?

もしくは、さりげなくフェイドアウトされたとか……。彼らは“厄介そうだ”と思ったときの引き際の早さも見事です。

上記のような見た目の特徴から最初の振るいにかけられて、残ったとしても油断は大敵です。では、どんな振る舞いをすればよいのでしょうか?

まずは“安全な女の特徴”を見てみましょう。

■安全な女の特徴・経験の浅い、本当にいいところのお嬢さまは、口が堅い。プライベートな色恋沙汰をベラベラしゃべったりしない。

・満ち足りた様子の、知的な、できるタイプの美人はプライドが高いから、根にもって悪意を吹聴したりしない。

・愛嬌があり、根が明るく優しいタイプの美人は、物事を善意に解釈しがちで、別れてもいい想い出にしてくれやすい。

角川氏も「気持ち的に余裕のありそうな美人なら誰でもいいのだ」と分析していますが、“モテる&デキる男”は、自分の気持ちを上手にコントロールできる、自立している女性を求めているようです。

“モテる&デキる男”と付き合いたければ、常に余裕を演出しましょう。そして、もし付き合えたとしても、それを崩してはいけません。

彼らに“厄介そうだ”と思われないような自分であり続けなければならないのです。

この後編では、“モテる&デキる男”ととりあえず付き合うためにはどうすればいいのかを紹介してきました。とにかく付き合ってみたいと思っているだけなら、ここまでを実行してみましょう。

ただ、ここまででもかなりハードルが高いので、結婚したいなど、これ以上の関係を望む場合はさらなる傾向と対策をかなり練る必要がありそうです。

<前編を読む>

【参考】
角川いつか(2007)『非情な男ほどなぜモテる?』 主婦の友社

【関連】
食欲の秋に朗報…ぽっちゃり女性は逆に東大卒を狙え!?
風水のプロから学ぶ!恋愛運が急上昇する下着の選び方


新着まとめ

もっと見る

ピックアップ

記事配信社一覧

ピックアップ

上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.