心理学で解明!女が高価な贈り物をすると嫌われる理由

2011年12月3日 08:00
 

クリスマスまであと1ヶ月弱。大切な彼へのプレゼントはもう決まりましたか?

プレゼントを贈るからには、相手に喜んでほしいですよね。ところが、気合いをいれて贈ったものが、あまり喜ばれず、それどころかその後ふたりの関係がぎくしゃくしてしまったという経験はないでしょうか。

相手に喜んでもらえない原因はいろいろですが、実は心理学的には、高価なプレゼントで彼の気持ちが離れることがあるそうです。

なぜ高価なプレゼントがNGなのかについて、心理学者・渋谷昌三氏監修の『必ず誰かに話したくなる心理学99題』を参考に解説します。

■高価なプレゼントはプレッシャー?渋谷氏によれば、高価なプレゼントは贈る側の自己満足に過ぎず、贈られる側にとってはプレッシャーになってしまうことがあるそうです。

心理学の有名な法則のひとつとして“好意の返報性”というものがあります。相手に好意を示せば、相手もそれに見合った好意を投げ返してくれるという心理法則です。

たとえば、おじさんがキャバ嬢にせっせと高価なプレゼントをするのも、好意の返報性を狙ったものといえます。

もちろん、あなたが彼に高価なプレゼントを贈るのは、キャバクラ通いのおじさんとは違って、純粋に自分の好意を示したい、彼に喜んでほしいという思いからなのでしょう。

ところが、彼の側としては、高価なものをもらったからには、同じ価値のプレゼントを用意しなければならないと考えてしまいます。彼があなたのことを“財布”扱いしているような極悪非道男でない限り、高価なプレゼントが引け目になることがあるのです。

浮かない顔の彼に、いくら「私があなたにあげたいだけだから気にしないで!」などと言っても、何の気休めにもなりません。

■喜ばれるのはどれ?『必ず誰かに話したくなる心理学99題』には、プレゼント選びのヒントになりそうな実験も紹介されています。

被験者に、換金可能なチップを渡してゲームをやってもらい、途中で追加のチップとメモの入った封筒を渡しました。メモは以下の3種類です。

(1)利息を付けて返してほしい(高義務条件)
(2)同じ枚数のチップを返してほしい(同一条件)
(3)返す必要はない(低義務条件)
このうち、被験者が最も好意的に感じたのは(2)の同一条件。(3)のような無償のプレゼントを受けても、人は「ラッキー!」と感じるよりは、「何か下心があるに違いない」と警戒心を抱いてしまいます。

つまり、彼に喜んでもらうなら、やたら高価なものをあげるよりは、彼の金銭感覚に合わせるのが一番といえるのです。

彼のために超ゴージャスなプレゼントを予定していたかたは、一度アイデアを練り直してみてはいかが?

“相手が自分にどんなプレゼントをくれるか考えながら、その人へのプレゼント選びをする”というと、なんだか打算的なようですが、案外、相手のためにもなる考え方です。

このほか、以下の記事も参考に、ぜひ彼に喜ばれる素敵なプレゼントを見つけてくださいね!

【プレゼントテクニック】
わかっちゃった! クリスマスプレゼントの鉄板は、○○家電!
男性陣にはナイショのお話! 彼氏の浮気を封じたいなら、○○をプレゼントせよ!
彼が3倍イケメンになる!? 「胸キュンなメガネ」を選ぶ秘密
愛する彼を「デキる男」にするためのネクタイ選びが判明
恋愛成功率と「プレゼント力」は比例していることが判明

【参考】
岡崎博之/渋谷昌三(2004)『必ず誰かに話したくなる心理学99題』 宝島社
【画像】
写真提供:ペイレスイメージズ


新着まとめ

もっと見る

ピックアップ

記事配信社一覧

ピックアップ

上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.