男の「●●」を聞き逃すな!二度目のデートに繋げる簡単テク

2011年12月26日 20:00
 

「いいな」と思う男性と連絡先を交換し、食事には行ったけれど、それから一向に音沙汰がない。

そんな経験をしたことがある人は少なくないのでしょうか。今回は野浪まことさんの著書『もう一度会いたい女性になる!』を参考に、“二度目のデート”へつなげる簡単テクニックを紹介します。

■この言葉を聞き逃したらアウト!?男性との初デートでなんとなくいい雰囲気になり、彼が「また行こうね」と言ってきたら、あなたはどんな風に返答しますか?

大抵の女性はとっさに「うん!」と前向きな言葉を口にすることでしょう。しかし、同書によればこの“また”という言葉がくせ者なのだとか。

■曖昧さを回避せよでは一体、「また行こうね」のフレーズにどう返答するべきなのでしょうか。

それはいたって簡単。「うん」と返事をしたら次に「で、いつにする? 来週の土曜日、あたし暇だよ(同書引用)」とさりげなく言ってしまえばいいのです。

大体の日取りが決まれば既にそれは約束となり、男性はいくら忙しくしていても、少しでもあなたに興味があれば約束を守ろうとするはずです。“また”や“今度”といったワードは絶対に聞き逃してはいけません。すぐに食いつき、“いつ”を明確にしましょう。

■なぜ、“また”や“今度”は怖い言葉なのか仮に初デートの日に話した「また行こう」の“また”が翌日に決まれば話は別ですが、デート翌日は通常通りの日常に戻るわけですから、大抵の男性は仕事をしていますよね。

そして「●●ちゃんに連絡しなきゃ」と思っていたとしても、それが「明日電話すればいっか」になり、さらにそのまま時が経過し、だんだんと連絡がしつらくなり……。そして男性はいつしか“誘う意欲”を無くしてしまうのです。

これらの言葉には未来への可能性を秘めているようにも感じますが、裏を返せば関係を切ってしまいかねない怖さも持っているのです。

何かと人に会うことが増える年末、出会いが転がっている可能性も多いにあります。お目当ての彼に出会ったら、意地でも“二度目”につなげられるよう、上記を参考にしてみてはいかがでしょうか。

【参考】
野浪まこと(2009)『もう一度会いたい女性になる!』 大和書房

【画像】
www.CourtneyCarmody.com



新着まとめ

もっと見る

ピックアップ

記事配信社一覧

ピックアップ

上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.