なるべくお金をかけずに「リッチなデート」を楽しむ方法

2012年1月4日 12:00
 

お正月は何かとお金がかかるものです。特に用事もないのに実家に帰省したり、年に一回しか会わない親戚の子どもにお年玉をあげたり、付き合いだけの新年会に仕方なく参加して高い割り勘を支払ったりしなければなりません。

ただでさえ少ない収入が、くだらない交際で浪費されていってしまいます。

せっかくの長い休日なのに、「出費が多くて大好きな彼氏とデートできない……」なんてことになっていませんか?

たとえ財布が厳しくても、リッチなデートをしたいのが乙女心。今回は格安で豪華なデートが楽しめるプランを考案しましたので、ぜひ参考にしてみてください!

■1. デパ地下で全国味めぐり

無料で美味しい食べものが楽しめる場所といえば百貨店の食品コーナー。いわゆる“デパ地下”です。

ここに彼氏とやってくればお金をかけずして全国の味めぐりをすることができます。新年ともなれば景気よく試食を用意していることでしょう。量は少なくても普段食べるよりも高価な食品をたくさん食べられます。

注意しなければいけないのは店員さんに“試食荒らし”だと察知されないようにすることです。まるで何かお目当ての品を探しているかのように振る舞いましょう。

店員さんの「この人、買う気ないのでは?」という目が刺さってきた場合は、以下のように彼氏と会話してください。

「あれってどこだっけ、ほら、今日買いに来たやつ」「あぁ、たぶんあっちじゃないかな?」こうやって上手にその場から去りましょう。

少ない料理をちまちま食べるのは貧乏臭いと思うかもしれませんが、フランス料理のオードブルだと思えば高級感が増しますよ!

■2. 献血ルームでコーヒーブレイク

意外な休憩スポットとして献血ルームがあります。ここではお金を入れる必要のない自動販売機や、クッキーを始めとしたお菓子が用意されています。

赤十字社に血を提供する代わりに、飲み物を片手に優雅に過ごすことができます。雑誌が置いてあるところもありますので、ゆったりと読書を楽しむこともできますよ!

いかがでしょうか? 献血が終わったあと、「ちょっと血を抜きすぎちゃったみたい……」と言って彼氏にしなだれかかって甘えることも可能です。雰囲気作りにも最適ですね!

【節約デート】
今一番熱い!「裁判傍聴デート」を面白くする10の方法【前編】
今一番熱い!「裁判傍聴デート」を面白くする10の方法【後編】

【参考】
田沢竜次、岩本太郎、西村仁美(2010)『格安!B級快適生活術』 筑摩書房


新着まとめ

もっと見る

ピックアップ

記事配信社一覧

ピックアップ

上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.