失敗談から学ぶ、彼ママとの初対面で“感じのいい彼女”と思われるためのポイント

2015年5月15日 18:30
 

彼から「そろそろ親に紹介するよ」と言われたら、あなたはどう思いますか? 恋人として認められたうれしさで飛び跳ねて喜んでしまうかもしれません。結婚を考えている彼ならば、彼ママにいい印象を残し、気に入られたいもの。以前「姑世代の意外なホンネ。彼ママが見ているのは服装や言葉遣いよりもあのこと」という記事で、お姑さん世代の本音をご紹介しました。そこで今回は、実体験(しかも失敗談…)から得た、彼ママに会うときに気をつけたいポイントを指南したいと思います。

(c)Familie geht gemeinsam essen - Fotolia.com


■彼の話題で盛り上がろうとしたら…筆者の場合、最初に彼ママに会ったのは彼の実家ではなく、彼ママお気に入りの日本食レストレラン。そこで、彼ママと彼の3人でディナーをすることに…。しかし、テーブルマナーがあやふやだったり、どのメニューを注文すればいいのか迷ってしまったりして、かなり落ち着きなくあたふたしてしまいました。振り返ると、事前のリサーチ不足だったと思います。彼から彼ママはマナーに厳しい人なのかどうか、食べ物の好き嫌いや、少食なのかなどを事前に聞いておけば、あそこまで緊張しなかったかも!

ちなみに話題は、彼の話に。彼ママが彼の幼い頃の思い出やクセについて話してくれました。最初はいい感じに盛り上がっていたのですが、つい彼ママの知らない彼の姿についてポロっと話してしまった筆者…。険悪なムードまでにはなりませんでしたが、口に出したあとに心の中で反省することに。やはり彼ママの立場になって考えると、「息子をとられた」という寂しさを感じてしまうもの。彼ママの知らない彼の話をすると、嫉妬心に火をつけてしまうかもしれません。

新着まとめ

もっと見る
現在の賛同数:
記事配信社一覧 上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.