「女を感じない」で夫が浮気… 結婚6年目の危機に妻がとった意外な行動

 

彼の携帯が鳴ったので手渡そうとしたときにふと画面を見ると、写っているのは元カノ。

しかも、設定写真はふたりが付きあっていたときのものだったことを知り、別れる別れないでモメている…と、知人女性が嘆いていました。

落ち葉の上で笑い合っている男女

(c) Syda Productions - Fotolia.com



危機が訪れないカップルなどいない! とばかりに、何か起こるとダイナミックにもめるイタリアのカップル。ときには周りも巻きこむ姿を見るたび、そのバイタリティに驚かされてばかりです。

しかし、なかには「あんなにモメていたのに、どうしちゃったの?」と前よりラブラブになるカップルの話も耳にします。

「転んでもタダでは起きない」と、別れの危機にもひるまず前へ進んでいくカップルほど、いい結果につながっているよう。ここでは、そんな彼らが「雨降って地固まる」ために何を実践したのか、ご紹介します。

1.「女を感じられない」のひと言で一念発起

ある知人女性は、結婚6年目で夫の浮気が発覚し、大ゲンカの末に別居しました。浮気の理由は「妻に魅力がなくなってしまい、女を感じられなくなった」から。

別居してしばらくの間、彼女は周りにグチをこぼす日々を続けました。

そんな彼女が立ち直るきっかけになったのは、兄夫婦のひと言だったそうです。「あなたなりによくやっていたと思う。でも、パートナーのことを気にかける時間はどうだった?」と聞かれて、満足に答えられなかった彼女。

「お付きあいから結婚、子どもの誕生…。私は充実した生活だと思っていたけど、彼にとってはどうだったのか答えが見つからない」ことに気がつきました。

「彼を失いたくなかった。まだ離婚の話は出ていなかったから、このチャンスに賭けたの」と語る彼女がまずはじめたのは、家を整えることでした。

「環境で人は変わるはず」と子どものアイテムがいっぱいで雑然としていた家のなかを、徹底的に整理したそう。インテリアもシンプルなものに変えて、くつろぎやすい空間になるよう改造しました。

家がきれいになってから、自分を振り返る余裕ができた彼女。「休日まる一日パジャマでいたり、足を広げて座るのになんの抵抗もなかった『ガサツな自分』をなんとかしたくて、並行して自分磨きもした」そう。ダイエットにはげみ、半年ほどで結婚前の体重に戻したとか。

子どもの行事や親戚づきあいなどでご主人に会うときは、グチめいたことを言わずに「あなたが帰るのを待っている」と伝えるのみにとどめたそうです。

少しずつ変わっていった彼女をご主人が認め、それから2年ほどで別居を解消。いまでは出会ったころのようなラブラブっぷりを取り戻しています。


新着まとめ

もっと見る

ピックアップ



記事配信社一覧

ピックアップ

上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.