いつまでも被害者でいるのはNG 彼の浮気を水に流して関係を修復するコツ

 

夫の浮気が原因で夫婦仲が悪化した知人女性がいます。一度離婚調停にまで持ちこんだものの、結局元さやに戻り、「いったい何があったんだ!?」と周りを驚かせていました。

手をつなぐカップル

© Boggy - Fotolia.com



「浮気の虫はやまない」というのはイタリアでも同じで、既婚者なのに何股もかけている最低オトコの話をたまに聞くこともあります。

しかし、そんなパートナーを許し、愛しつづけようと決めて一緒にいる女性も珍しくありません。ここでは、そんな「相手の過ちを水に流した人」が、ふたりの関係を維持するために何をしたのかをお伝えします。

1.彼ばかりを責めない

同棲していた彼と結婚の準備をしていた知人女性がいます。しかし、式直前になって、彼の浮気が発覚。同棲を解消した彼女は実家に戻りました。

「私も参っていたから、いったん彼と距離を置きたかったの」と語る彼女。最初のうちは被害者意識ばかりが気持ちを占めていたものの、落ちついてからは「うまくいっていたのに、彼を浮気に走らせたのは何か」とふたりの関係について考えなおしてみたそう。

「仕事のストレスで体調が悪く気持ちも落ちつかなくて、彼に八つ当たりしていた時期があった。彼は何もいわなかったけど、つらい思いをさせていたのかも」と自分にも原因があることに気づいたといいます。

そのときから、全て無視していた彼からの連絡にようやくこたえられるようになったそうです。

浮気された側が被害者になるのは簡単です。そのうえ、「相手が100%悪い」と思いこんでしまいがち。そうなると、相手のことを考える余裕がなくなってしまうので、関係を修復するのはむずかしくなります。

相手を思う気持ちが少しでも残っているなら、被害者意識をいったん手放してみるのもよさそうです。…


新着まとめ

もっと見る

ピックアップ



記事配信社一覧

ピックアップ

上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.