実は容姿よりも声が重要? モテ女になる声の出し方3つ

 

人は声の出し方によって印象がガラリと変わります。

普段、何げなく出している声ですが、声の出し方を意識するだけで、ビジネスの場で成功したり、よい人間関係が築けたり、恋だってうまくいくかもしれません。

笑顔の女性

(c)A.KaZaK - Fotolia.com



ボイストレーニングの先生に聞いた“いい声”を出すための発声方法を紹介します。

■人の印象は顔より”声“!?  いい声が得られるメリット

電話でいい声の人と話すと、まだ会ったことのない人であっても「イケメンかも!?」と想像してしまいますよね。

また、初対面の人と顔を合わせるときも、声がすてきだとその人の印象は強く残るものです。

明るくハキハキとした声だと人柄も明るく感じます。でも、逆にボソボソとした小さい声だと、その人の印象って暗く感じます。

米国の心理学者アルバート・メラビアン氏による調査では、「人に与える印象の4割は声で決まる」のだそう。

第一印象は単にルックス、だけでなく“声”でも変えることができるのです。

■“いい声”ってどんな声?

それではいい声とはどんな声なのでしょうか? いい声の条件を挙げてみましょう。

  • 通る声
  • 声量のある力強い声
  • 優しさ、やわらかさを感じさせる声
  • 落ち着いた声
  • 響く声
  • 明るい声
以上のすべての条件を備えていればよいという意味ではなく、自分の容姿や性格に合った声であることが重要。

まず自分にはどんな声が合っているかを考えて、「なりたい声」をイメージするとよいでしょう。

■いい声を出すための発声練習

いい声を出すための発生練習を紹介します。

・姿勢を正す
いい声を出すにはまず姿勢を正すこと。猫背だったり姿勢が悪いと、おなかに力が入らず通る声が出ません。背筋をピンと伸ばすと声は外へ向いて出て行きます。

・ほほ笑む
やや口角を上げほほ笑むように話すと、喉が開きやすい状態になります。喉が閉まると喉声になってしまい、小さい声になりがちです。
プレゼンテーションなどで大きな声を出す必要があるときは、口角を上げて話すことで声が出やすくなりますよ。

・腹式呼吸で話す
腹式呼吸のやり方。背筋を伸ばして鼻から息を吸います。このとき、吸い込んだ空気は全ておなかに入ってくるイメージでおなかを膨らませます。

次に、おなかの空気をぜんぶ吐ききるイメージで口から息を吐きます。吸うときの倍くらいの時間をかけてゆっくり吐くのがポイント。

これを繰り返し練習することで腹式呼吸をマスターできます。


新着まとめ

もっと見る

ピックアップ



記事配信社一覧

ピックアップ

上へ戻る

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.