あ〜イラつく…!「カワイイけど痛い」オトコから不評な話し方3つ

2017年1月1日 19:10
 

話し方のせいでモテを逃していたら、大ショックですよね。「黙っていればカワイイのに……」なんて思われていそうなら、今すぐ話し方を見直してソンはありません。魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様を見てきた恋愛コラムニストの筆者が、オトコに「痛いぜ!」と思われるNGな話し方を3つお伝えします。

NG1:声がやたら高い

“黄色い声”という言葉にあるようなキンキンと甲高い声で話す女性は、「聞いているとイラつく」と思われてしまう典型パターンのひとつです。

気になるオトコの前ではしゃいでしまい、普段よりも2トーンほど声色が高くなっている女性もいますよね。しかし、これは話の内容に関わらずオトコの苛立ちを増長させてしまうことが……。

キンキン声を好むオトコって意外と少なく、恋愛対象の女性には“落ち着き”を求める人が多いもの。それなのに、キンキンとした高い声で会話されちゃうとドッと疲れがましてしまうのです。

少々落ち着きを意識して声を発したほうが、モテに近づけそうですよ。

 

NG2:流行りの芸能人をマネする

トレンド芸能人の話し方をマネていると、オトコを不必要にイラつかせるキッカケになりかねません。

自分流の話し方ではなく、ドラマやバラエティで活躍している芸能人の口ぶりばかりマネていると、「ウザい」って思われることが少なくないのです……。

もちろんモテる話し方にもトレンドがありますけれど、丸っとマネするのではなくエッセンスを拝借する程度のほうがモテるのです。

一発で「あ。コイツ、タレントの●●をマネしてるな」なんて見破られてしまえば、せっかくのモテ話し方も非モテな話し方に転落してしまうんです……!

モテを狙ってマネをしていたとしたら、逆効果ですごく残念ですよね。

 

NG3:相手の話を遮る

意中のオトコと話すときには、いろんな話題を提供したい女性も少なくないですよね。

しかし、無意識に彼の会話を遮っていたとしたら、それだけで非モテに転落なんです。

彼の話を最後まで聞き、上手な相槌を打てる女性がモテへの近道。「あっ、それってさぁ~」なーんて彼の話をいちいち遮ってしまうと、「アイツと話すと疲れんだよなぁ」と不快感を抱かれがちなのです。会話は上手にキャッチボールが成立してこそ、満足度がアップするもの。彼が気持ちよく話しているなら遮るのは、絶対にNGなんです。

 

いかがでしょうか?

「アイツ、黙っていればカワイイんだけどな」という感想を抱かれてしまえば、一気に非モテですよね。話し方のせいでモテを逃すなんて、モッタイナイお話です。

心当たりがあったならば、気になるオトコの前では別の話し方を心がけてみるといいかもしれません。

 

 


新着まとめ
もっと見る
夜オンナの記事(外部サイト)

ピックアップ
現在の賛同数:
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.