確実に「相手から好感をもたれる話し方」の秘訣7パターン【2/3】

2013年1月7日 19:00
 


相手から絶対に好感をもたれる話し方の秘訣について、イタリア貴族・エリザベッタ・ネーリ夫人のお話をもとに、3回にわたってお伝えしています。

前回は、会話の中に必ず微笑をまじえる、時々うなずきを入れる、視線が他へ向かないよう注意する、の3つをお伝えしました。引き続き、残りの4つについて見ていきましょう!

 

■4:話し上手よりも聞き上手になる

「これはとても大事なこと!よく『私は、私は』って自分のことばかり話す女性がいるでしょう。あれは、とくに男性から見ると最悪です。男性は、あまりにも隣でぺらぺらと話されると、疲れてしまいます。

なぜなら、男性の脳の構造がそうなっているから。男性は、女性と違って、たくさんのことをいっぺんに処理できません。男性が得意なのは、1つのことに集中すること。そのほうが、自分でも居心地よく感じるのです。

逆に、女性は、たくさんのこと、しかもあまり脈絡のないことでも、たくさん話したいもの。だから、自分の思いのままに話していると、知らないうちに、男性を疲れさせてしまうのです。これは、男女の脳の構造の違いだから仕方ありませんね。

だから、ここを賢く使いましょう!ようするに、自分で気をつけて、聞き役に回ることです。これだけでも、男性にとても好感をもたれます。

私が長年みてきて、男性に好感をもたれる女性は、例外なく、聞き上手の女性でした。そして、相手が話すことを聞いていて、時々、その内容を質問しましょう。男性は、自分の話をすることができて、とても喜ぶでしょう。

話を一生懸命聞ける女性、というのはとても少ないから、とても貴重だと思います。」

 

■5:絶対に相手が話している途中で割り込まない

「よく女性がおかす間違いに、人が話しているときに、そのフレーズが終わっていないのに割り込んで話す、というのがありますね。これは絶対にやってはいけないことです。必ず、相手の気を悪くするし、人の気を推し量らない、という、最悪の印象をもたれてしまいます。

よく、男性が女性と話すとイライラすることがある、ということがあるけれど、あれは間違いなく、女性が話が終わっていないのに割り込んで話す、ということをしているからですね。
重要なのは、相手のフレーズが終わるのをきちんと待ってから自分が話す、ということです。相手がまだ話しているのに割り込むと、落ち着きがない、あくせくした印象を与えてしまい、品性に欠けます。

やはり、どんなときにも、相手を尊重する気持ちが大切です。それがこういうところにも表れ、男性はそういうところを見逃しません。だから、これは絶対に気をつけたほうがいいでしょう。」

 

いかがでしたか。興味深いアドバイスで、今日からさっそく自分の会話の中に取り入れられそうですね。それでは、仕上げに残りの2つを見ていきましょう!

 

【話し方の秘訣】

※ 確実に「相手から好感をもたれる話し方」の秘訣7パターン【1/3】

※ 確実に「相手から好感をもたれる話し方」の秘訣7パターン【2/3】

※ 確実に「相手から好感をもたれる話し方」の秘訣7パターン【3/3】

 

【取材協力】

※ エリザベッタ・ネーリ夫人・・・イタリア・フィレンツェの貴族ネーリ家の夫人。その穏やかな物腰や礼節の高さは有名で、最近では、他の貴族家の子女たちに頼まれ、礼儀だけでなく、女性に必要な教養を指導することもある。

あわせて読みたい
  • 合コンで使える!気になる男とすぐ仲良くなる方法11個【3/3】
  • 合コンで使える!気になる男とすぐ仲良くなる方法11個【2/3】
  • 合コンで使える!気になる男とすぐ仲良くなる方法11個【1/3】
  • 確実に「相手から好感をもたれる話し方」の秘訣7パターン【3/3】
  • 確実に「相手から好感をもたれる話し方」の秘訣7パターン【1/3】

新着まとめ
もっと見る
夜オンナの記事(外部サイト)

ピックアップ
現在の賛同数:
記事配信社一覧
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.