中東選手のいちご大福 作ってみた

2014年1月5日



今年は結婚して初めてじゃない?
大晦日から実家に帰っていました。

そんなわけで…

お正月はおせちはほとんど作らず(笑),ひたすら中東選手のいちご大福を作っていました。



ほとんどの人は「なにそれ?美味しいの?」っていう感じだろうなぁ(^^;。


えっと,カープに中東直己選手っていう方がいらっしゃいまして,そのお母様,豊子さんが作るいちご大福が超美味で,広島東洋カープの中ではすごい人気らしいのです。

一度NHKの料理番組で紹介されたことがあって,ファンの中でも結構有名な話なのですが,その料理番組のサイトにいちご大福の作り方のレシピが紹介されているの。↓
http://www.nhk.or.jp/kamado/story/index77.html

というわけで,お正月にお土産で持って行こうと,アマゾンで手亡豆を取り寄せて白こしあんから作ってみました。圧力鍋で。



レシピをちょっと見たらわかると思いますが…………


超面倒くさい

です。
豊子さんはこれをキャンプ中には200個も差し入れされるとか…

ありえないです,マジで。(きっぱり)


こしあんだからね…
普通の粒あんなら圧力だったら30分くらいですぐに出来るのだけど,潰して皮を取り除いてこして晒して洗って晒して………白あんだけで数時間かかります。

しかーも白こしあんを作ったあとも,餅をくるんだあとの後片付けも壮絶大変で,20個作っただけでも娘と二人がかりでやって3時間以上かかりました。
多分200個作るとかしてたら徹夜。

…無理。絶対普通の人には無理。((((;゚Д゚))))ガタブル


というわけで,3日がかりで完成した「豊子のいちご大福」が一番最初の写真です。

ちなみに,「豊子のいちご大福」だけでは面白くないので,色々なバージョンをついでに作ってみました。

【前田智徳バージョン】



白つぶあんです。
前田智徳って,こしあんがだめなんだって'`,、('∀`) '`,、。
なので,白こしあんを作る前にちょっと取り分けて,粒あんバージョンも作りました。
24年間お疲れ様…という気持ちを込めて。

いやでもこれ…すっごい美味しかったwww
こしあんは水で洗うので,若干豆の風味が落ちるの。
粒あんはそのまま砂糖を加えただけなので,豆の風味が強くてすっごく美味しかったです。

【大竹バージョン】



FAで巨人に行っちゃった大竹選手…

黒にオレンジっていうことで,粒あんにみかんを詰めてます。
義兄曰く
「ほーん…新感覚で,これはこれで美味しいよ?」だそうです( ´,_ゝ`)プッ。



豊子バージョンはこの三種類の中で一番洗練された味でした。
砂糖はグラニュー糖を使用。
食感も味も,すっきりした…とても上品な味。


三者三様,どれも味があってかなり好評でした(^^)。

多分この,周りの餅のレシピが神。
白玉粉と砂糖だけで作っているのですが,翌日の夕方に食べても求肥みたいに柔らかい。
冬場だったら2~3日は楽しめます。

手亡豆まだまだあるので,いちごが安売りの時にまた作ってみよっとww


Text & Photo by 
極私的本棚

手作りいちご大福、出来立てを食べたい!色んなバージョンも作ってみたいです♪

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿

関連おいしい!

人気のキーワード

>>おいしい!のキーワードをもっと見る

関連カテゴリ

Copyright © 1997-2014 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.