『工場萌え。。』

2009年5月15日
こんなタイトルの写真集があるんだよ~、今晩どう?と、一緒に朝3時から
写真精進ごっこしたふーすけさんからのご提案。。

家帰って、気失わなかったらね!と曖昧な返事を残しつつ、気がつけば夜の
工場地帯へ愛車とともに。。

土地勘が全然働かない地区なので、どこいけばいいんだ??的なドライブを
しつつ、でも、なんとなく写欲がウズウズしてきました♪

工場なので、美しさやら、装飾やらは当然ありません、でも偽りもない。
そんな本物のもつ雰囲気、、、男の子がSLに憧れるのって、こんな理由
だったかも・・・なんて、昔を少し思い出したり。。

夜の海風でたなびく蒸気のベールを身にまとう煙突に、色気を感じながら・・・。


ひとつの地区だけで、ウロチョロしていました。
場所が場所だけに、立ち入ることのできない地区ばかりなので、必然的に
フェンス越しに狙うわけですが、電線やら看板やらが結構邪魔してきます。

なので、おなじような撮影位置になってしまいそうですが、逆に画角によって
個性がだせるかも・・・なんて考えてました。。
ああ、あのレンズがほしい・・・

でも、階段好きにはたまらない、闇夜に消える螺旋階段があったり・・・



パイプ好き、ダクト好きにはたまならい、無駄のない配列に見入ってしまったり・・・



夜霧の如く灯りを包む、刻々と形をかえる蒸気にみとれながら・・・



そろそろ、お互いに嫁に怒られそうだから、帰りましょうかとお開きに。。
そんな22:30の少年ふたり。
Text & Photo by 
脳みそのさんぽ

夜の工場、あやしくも近未来的にも感じられます。いい味出てますね〜。

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
ミヒャエル・ゾーヴァ展でサインをゲット!>>

関連旅とお散歩


人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

ピックアップ
現在の賛同数:
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.