城壁の町グラダーラ@北イタリア

2009年5月22日
ガビッチェ・マーレ(Gabicce Mare)の海辺を散策したあと、お昼にはロマーニャ州でよく見かけるピアディーナを頂いた。グリルしたソーセージと玉ねぎの組み合わせが一番好き。

ランチを終えてから城壁に囲まれた小さな街グラダーラへ向かった。この日はSettimana della Cultura(文化週間)で、国営の美術館&博物館は入場無料と聞いて、ちょっぴり嬉しくなった。

この城はパオロ(Paolo)とフランチェスカ(Francesca)の悲恋の舞台となった場所である。

ラヴェンナ城主グイド・ダ・ポレンタ(Guido da Polenta)の娘フランチェスカは、1275年頃リミニのジャンチョット・マラテスタ(Gianciotto Malatesta)と結婚させられた。容姿が悪かったジャンチョットは、フランチェスカを妻に迎えるために、眉目秀麗な弟パオロを自分の身代わりに立てたらしい。パオロを一目見たフランチェスカは禁じられた恋におちる。1285年頃密かに二人で会っているところをジャンチョットに見つかり、2人は殺された。

この話はダンテ(Dante)の「神曲」(Divina Commedia)の地獄篇第五歌に登場する。また当時の画家たちもそれぞれの解釈でパオロとフランチェスカを描いている。

夕暮れどきの街中。街の正門から城までなだらかな坂道になっている。
Text & Photo by 
エミリアからの便り

悲恋の舞台も今は観光名所なのでしょうか。中世の雰囲気を伝えるお城が素敵です!

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
秩父のレトロな街並み>>

関連旅とお散歩


人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

ピックアップ
現在の賛同数:
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.