念願のビールテイスティング@イギリス、ケント州

2009年5月29日
先週末は屋台家にとっては珍しく…数日前に予約をした某所へ出発。
到着地はこちら(↓)
KENT州Favershamという町にある
イギリスで最古のBreweryと云われている☆SHEPHERD NEAME
イギリスに来て初のBrewery Tour。るんっ♪
そしてここ(↑)が集合場所の入口。

中のPubスペースでお待ち下さいと云われて入っていくと…
お姉さんがSmile~☆

その辺に置かれてるトレイを覗くと素敵すぎるフレーズ(↓)

装飾も味がある~。すでに…アクセル全開☆(爆)



「それではみなさ~ん☆こちらへどうぞ」と隣のスペース(↓)に移って
まずはBreweryの歴史などをPVで予習。

案内役のお姉さんは…さっきのSmileちゃん☆

ビールの原料で大事な麦芽についてお勉強。
ひとまわりしてきた後にここへ戻ってホップについてもお勉強。


この中で原料を混ぜるらしい。右の写真は中を覗いた様子。



作業場の窓はこんな洒落たステンドグラス☆

色んな工程を経て(かなり省略…笑)タンクに貯蔵。



BRITAIN’S OLDEST BREWERYと書いてあると(↓)…
思わずパチリ☆

順路にはかわいい看板も。

このように樽詰めされ出荷。


あとは、なぜか色んな車を展示…。社長の趣味なのかな~(笑)






工場見学の後は…お楽しみTasting Time

まずはお作法から☆
其の壱★光にかざして色を見るベシ
其の弐★グラスを丸く揺すって泡の大きさを確かめるべし。
    Aleは酵母が生きた状態のため泡が細かくないのが特徴。
其の参★グラスの口に手でフタをしてさらにゆらせた後
    フタにしていた手を外して薫りを嗅ぐ。

で…Let’s Try!!



それぞれ何でしょう~?(←って突然云われてもねぇ~)

ザザンっっっ…☆



ここでスーパードライを呑めるとは思わず…(笑)そして、結構人気あり。
イギリス国内でのライセンスはこのBreweryが持っているとのこと。
真ん中のEarly Birdは季節モノのビールでAleなのに爽やかな味わい。
もちろん好みは…最後のBishops Finger

さらに好きなビールをもれなくHalf Pint飲ませてもらい…
(っていっても…ツアー代金8.5ポンドだから、Tastingのモノも含めて
ビールトータル1パイントって…割高でない!?←爆)
左はこのBreweryで一番出荷量の多いSPITFIRE
KENT州でとれた麦とホップを使って作ったMASTER BREW

ぐぐっと飲み干し…その後は近くのPubでランチ。

ここでは再びSPITFIREを注文。
tasting講座で教わったことを復習して…いただきま~す


肝心の注文の品は…

ウナギの燻製

ケント風ソーセージ

どっちもものすごい透明な味で美味しかった~。

中の雰囲気もこんな感じで…


ごちそうさま♪
Text & Photo by 
英国屋台

明らかに飲みすぎですね……、うらやましい〜ww

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
エネルギッシュな街並み@大阪、新世界 >>

関連旅とお散歩


人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

ピックアップ
現在の賛同数:
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

シンちゃん