横浜のアメ横、洪福寺松原商店街

2009年5月30日

先日、相鉄沿線に用事があったので、ついでに横浜では有名な商店街に行ってきました。横浜のアメ横と呼ばれるこの商店街、魚や野菜、いろんな物が安いっ!横浜駅からわずか3駅、すぐに着いちゃいますよ!

最寄駅は相鉄線天王町駅。駅の改札を出て左側、すぐ目の前にある「シルクロード天王町」をまっすぐ歩いていくと、国道16号線と交差します。この国道を渡ると「洪福寺松原商店街」の入口があります。駅から歩いて5分程度ですが、途中の「シルクロード商店街」をぶらぶら見てると、あっという間に「洪福寺松原商店街」に辿り着きます。


「洪福寺松原商店街」で特に有名なのは「魚幸水産」。ここのマグロの解体即売は昔から有名で、アメリカの有名な自然科学誌『ナショナルグラフィック』の鮪の特集で、その活気溢れる様子が写真掲載されたくらいなんです(鮪の消費は世界的に急増しており、特に日本人が鮪を大量に消費している、という記事だったので、日本にとってあまり良い内容ではなかったりしますが・・・)。鮪だけでなく、他の魚も激安!
お店は活気にあふれ、ねじり鉢巻のお兄さん達は「安いよ、安いよ~」と盛んに声をかけ、買い物気分は盛り上がります。魚屋はこうじゃなくっちゃねっ!(2009年の)5月30日、5月31日は魚幸の特売日だそうです。おいしい魚が食べたければGO!


「洪福寺松原商店街」には何軒も八百屋があり、価格競争もしのぎを削ってます。私が行った時はロメインレタスが3個で100円。「イタリアンサラダにいいよっ!」とすすめられましたが、レタス3個、わずか3人の家族では消費しきれません。野菜を盛る籠も大きめなので、買い物するならお友達と一緒に行って、シェアーするのがいいかも。
角にある八百屋は、店のひさしがわりのテントの上に、空になった段ボールをぽんぽん投げて、のっけていくのが有名。夕方になるとテントが段ボールの重さで大きくたゆみ、その下で買い物して大丈夫?とちょっと心配になります(笑)。この八百屋さんも安いですよ。

駄菓子や練物(おでん等の具)、乾物、衣料品、本場韓国キムチ等、いろんな商品を扱うお店があります。年配向けの衣料品を主に扱うお店で、30代向けのそこそこオシャレな服が激安で紛れ込んでいたりして、時間をかけてじっくり商品を探すのも楽しいですね。


「洪福寺松原商店街」:
住所 神奈川県横浜市保土ヶ谷区宮田町1丁目あたり
電話 洪福寺松原商店街振興組合(045-341-7920)
営業時間 10時半頃から18時頃まで。
店によって営業時間は異なるので、およその時間帯です。
定休日 各店まちまち、水曜・木曜が多いようです。ちなみに「魚幸水産」は水曜定休。
Text & Photo by 
はらぺこラッコの横浜散歩

活気のある商店街、いいですねえ〜!安くて美味しいものがたくさん、たまりません!!

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
カオスな街並み@マカオ>>

関連旅とお散歩


人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

オススメコンテンツ

Copyright © 1997-2016 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.