懐かしの木造校舎 伊参スタジオ

2009年10月4日

キンコンカンコ~ン♪
 キンコンカンコ~ン♪
キンコンカンコ~ン♪
 キンコンカンコ~ン♪
わ~い、今日も学校終わった~\(^o^)/
遊び行こうぜ~!!

はい(^^)/
田能久さんを出た後、向かった先は、中之条町。
そして、ここは、伊参(いさま)スタジオ。
昔の学校を使って映画撮影などに利用されています。
1996年に群馬県人口200万人突破記念として作製された役所広司主演の映画「眠る男」が
撮影されたのをきっかけに数多くの映画撮影で利用されている場所です。
尚、ワタシ、当然、群馬県人ですので、この映画「眠る男」は、既に見ています。
と、書きたいところですが、見てましぇ~ん(^^ゞ

ついこの前まで、ここ中之条では、町全体を使ったアートイベント、
中之条ビエンナーレが行なわれていました。
ワタシ、見に行こうと思ってました。
しかし、ぐわーん、3日前に終わってた(>_<) ありゃりゃ。
まっ、いいや、行ってみよう!!人いなくて静かそうだし←おっ、ポジティブシンキング(^^)v

伊参スタジオは、懐かしの木造校舎。
ワタシ、小学校3年生までは、こんな感じの校舎で勉学に励んでおりました(-_-)zzz
4年生になると、木造校舎は壊され、全て鉄筋の校舎にかわってしまいました。
子供の頃は、新しい校舎が嬉しくて嬉しくてしょうがありませんでしたが、
今考えると、あの校舎もったいなっかたなぁ~。

掃除の時間、木製の階段の手すり、ムキになってゴシゴシして
ピッカピカのテッカテカにしたことを今でも覚えてるなぁ~。

床を雑巾かけすれば、手にとげ刺さるし。

ワックスがけは、油まみれになるし。

なんか掃除の時間しか思い出せないぞ。

あっ、そうそう、小学校といえば給食!(^^)!

ワタシの小学校は、給食室で給食のおばちゃんが作ってくれていました。
だから、とっても美味かった!!

麺が短い給食独特の焼そば。これを超える焼そばには、未だ出会えず。

コッペンパンについてきた、マーガリン。
これまた、独特の味だったのですが、この味に未だ出会えず。
ワタシの姉貴は、あんな不味いマーガリンが何で美味いの?と言っていた記憶が・・。
ちなみに当時、ワタシは、マーマレードのジャムが嫌いでした。

おっと、何故か給食話で盛り上がっていたら、伊参スタジオの写真終わってた。
ここからは、伊参スタジオから、車で少し走った所にある旧五反田小学校へ。
ビエンナーレの名残なのか、柱が土から突き出ています。

建物の中には入れませんでしたが、外の窓からちょっと覗き見。
この中にも、なぜか柱。
どんな展示物だったのか興味ありますね。

田んぼには、彼岸花と稲刈り終了のわら。
なんか、のどかだな~。
Text & Photo by 
楽食住

こんな建物にノスタルジーを持つ人がいる限り、このスタジオの需要が減ることはないですね。素敵な建物です。

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
雨にしっとり、飛騨高山散策>>

関連旅とお散歩


人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

ピックアップ
現在の賛同数:
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

シンちゃん