世界遺産プリトヴィツェ湖群@クロアチア

2009年10月13日
<旅のしおり>
屋台小屋から車で30分のロンドンスタンステッド空港からライアンエアで飛立ち、
アドリア海沿岸のダルマチア地方北部のザダルでクロアチア入国。
リカ地方にあるプリドヴィッツェ湖を訪れ、
今度はザダルからダルマチア地方を車で南下。
シベニクへ寄り道後、スプリットで車を乗り捨てて飛行機に乗換え。
クロアチア航空にて35分のドゥブロヴニクへのフライト。
おあとはフェリーでアドリア海を横断し、
対岸のイタリア南部プーリア地方のバーリ(BARI)へ。
そして再びライアンエアでスタンステッド空港へ戻り、とうとう屋台小屋へ帰還~☆

そもそも今回のクロアチア行きは東京店長の

「プリトヴィツェ湖国立公園に行きたいなぁ…」

のつぶやきで催行決定。



クロアチアには8つの国立公園
(リンクページの左のメニューバーから
自然遺産→国立公園と進んでちょ)が
あるのだけどここはどうやら
日本人に大人気の模様…。
なんてったってユネスコ世界遺産に
認定されてる!!

さて…ここでクロアチアの
世界遺産についてお勉強
(Wikipediaより抜粋)

* ドゥブロヴニク旧市街 - (1979年、文化遺産)
* スプリトの史跡群とディオクレティアヌス宮殿 - (1979年、文化遺産)
* プリトヴィチェ湖群国立公園 - (1979年、自然遺産)
* ポレッチ歴史地区のエウフラシウス聖堂建築群 - (1997年、文化遺産)
* 古都トロギル - (1997年、文化遺産)
* シベニクの聖ヤコブ大聖堂 - (2000年、文化遺産)
* スタリ・グラド平原 - (2008年、文化遺産)

それぞれ詳細はこちら


太字は今回訪れたところ。しかし湖以外は…世界遺産と知らず…(爆)
トロギルはスプリットの空港があり、行くにはいったが時間がなく訪問できず。
やっぱり行っておくべきだった…とほほ。

で、本題に戻ると…プリトヴィツェ湖(The Plitvice Lakes)
クロアチア中央部のリカ地方の山中にある大小16のきれいな湖群。
首都ザグレブや今回滞在したザダルから車で2時間程度。
路線バスや現地ツアーもあるけど、今回は力ずくGetしたレンタカーで。



入口からちょっと歩いて
見渡すと…「大滝」


とにかく水が澄んでいて
中の魚も透けて見える。
黒いのがそれ。
いくら何でも骨までは見えまへん…。





湖畔を散策する以外にも
遊覧船(↑)で湖を渡ったり
下滝の周りは巡回バス(↓)もあり。
日帰りだったので上滝の散策は
断念したけど
それでもかなり満喫。




写真の左から右へ高低差がついてるのだけど、とにかくまあ~ダイナミック
かつ美しい!!さながら「バスクリン森の湯」ってとこかな。

前の週までは30度くらいだった気温もこの週は一気に下がり…
この日は10度あるかないか…。そんなわけで一気に秋の風情。



ごちそうさま♪
Text & Photo by 
英国屋台

この湖の色の美しさ、すばらしいですね。水が澄んでいるのが谷の上からもよくわかります。

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
壮大な東本願寺、御影堂>>

関連旅とお散歩


人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

ピックアップ
現在の賛同数:
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

シンちゃん