青森ねぶた2010

2010年8月16日
ねぶた祭りに明け暮れた1週間は、あっというまに過ぎていきました。
今回はいきなりもう総括しちゃいます。
「2010年は、暑くてサカナだった」
えー、前にもお知らせしました通り、祭り関連の記事はねぶたブログに仕立てており
まだなかなか大型ねぶたまで進んでおりませんが、ぼちぼちと更新中です。

今年は運行日が週末を外れ、総観客数では昨年を下回ってしまいましたけど
印象としては天気が不安定で激暑だったわりに、盛況だったのではないでしょうか。
今年のねぶた大賞(1位)をとったのは、ヤマト運輸の 「海幸彦 山幸彦」 でした。
題名の通り、ねぶたには海の生き物がたくさん乗っておりまして
魚好きとしては妙に心躍るものがありました。
センターに巨大な鯛が鎮座してるんですよ。もう~見た瞬間からニヤニヤうれしい。

ヤマトのねぶたはハネト達が元気良かったのも印象に残っています。
(跳人賞を受賞したのもうなずけます)
送りねぶたはイルカや亀が舞い踊る竜宮の世界です。
他の団体では、もちろん主役たる武者や鬼などもでていましたが
今年ならではというと、来年の干支のせいか寅の大きいのが何台かいて目立ってました。
そして豪華絢爛な孔雀と目があってしまって金縛りです。

つくづく感じるのは、どの団体も出来は拮抗してきているなーということ。
審査結果をみれば上位になるのはお馴染みの顔ぶれ?だったりするのですが
製作技術はどこも水準以上で、あとはセンスというか見せ方の差なのかな~?と思います。
子供ねぶたでも魚モチーフが目に付いたのでした。
秘かにお慕いしていた金魚大王様は引退してしまったようで、ちょっと寂しいけど。
ねぶた祭りではもともと「津軽錦」という金魚がシンボルモチーフになっています。
今年はねぶたの上にもサカナ色が強くて、カメラを構えながらも楽しかった~

なぜ魚なのか、来年はどうなるのか、謎は幾重にも広がります。
はい、もっとねぶたが見たい方はねぶたブログへどーぞ。
Text & Photo by 
きたぐにDAYS

すごい完成度の高さ!きっと地元の人にとって、夏の大イベントなんでしょうね。祭りのある地域に生まれたかったです!

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
神代植物公園の熱帯スイレン@東京>>

関連旅とお散歩


人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

ピックアップ
現在の賛同数:
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.