サルデーニャ島、ネプチューンの洞窟へ!

2011年3月29日
3月最後の日曜日。
暑すぎず寒すぎず、ちょっとだけ風があって、うっすら差し込む太陽の光…。
これはネプチューンの洞窟(グロッタ・ディ・ネットゥーノ、GROTTA DI NETTUNO)日和。正しくは、洞窟にたどりつくまでの656段の階段を歩くのに最適なコンディション。

まずは所在地の確認。
サルデーニャ島北西部にあるカーポ・カッチャ(CAPO CACCIA)という岬↓。

洞窟に続くこの階段は1959年にできたもので、「エスカーラ・デル・カビロル」(”ESCALA DEL CABIROL”、ちなみにこれはカタルーニャ語)と呼ばれている。

上から見下ろすと、高い!
そして長い!!↓

いざ、出発。

階段を下りながら、振り返ってみたり、下の方をのぞいてみたり…↓。

そうこうするうち、656段の階段の往路(下り)を制覇。
ネプチューンの洞窟の入り口に到着↓。

階段はちょっと…という方はアルゲーロから船でもアクセス可能↓。

そして洞窟の中へ。
入場時間が決まっていて、専属のガイドさんと一緒に入るシステム。

この洞窟は、15世紀頃に地元の漁師さんが偶然見つけたもの(ただし一般に公開されるようになったのは1950年代以降)。発見当時は海の神ネプチューンの住まいだと信じられていたため、「ネプチューンの洞窟」と呼ばれるようになったとのこと。

大小いろんなかたち。
ガイドさんいわく「形のバリエーションがほんとうに豊かで、見方や角度によっていろんなモノに見えてきますよね。例えば、左側手前の三角形の部分、あれは『雪化粧をしたクリスマスツリー』と呼ばれています。」なるほど↓。

今にも落ちてきそうで落ちてこない↓。


不思議な感覚にとらわれているうちに、洞窟訪問終了。
帰りもまた階段で…。
Text & Photo by 
地中海の島から

階段はちょっと怖いけどこの洞窟は見てみたいですね!

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
春の田舎の散歩道 @ シチリア>>

関連旅とお散歩


人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

ピックアップ
現在の賛同数:
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.