トロッコ列車@嵐山

2011年8月5日
― 7月30日・日曜日 京都・嵐山day  ―

嵯峨野湯に入る前に、目と鼻の先のトロッコ嵯峨駅で、トロッコ列車の
チケットを予約していました。 ド定番の嵐山観光です(*^^)v?

嵯峨野観光鉄道

地元から友人が遊びに来てくれた時など、今までも数回トロッコ列車には乗っていますが、やっぱり楽しい!
ド定番の観光って、定番になるだけの良さがありますよね。
関西にお住まいの方で、『いつでも行けるから。』とトロッコ列車未経験の方。 是非?

トロッコ嵯峨駅からトロッコ亀岡駅までの7.3kmを約25分で結ぶトロッコ列車は、ご覧の通りのノスタルジックな
ルックスをしています。 普段乗る電車とはまったく違う、このドリーミーな雰囲気…テンション上がります?


トロッコ列車の車両は超オープン!運行中はダイレクトに風が入ってきます。 気持ち良いですよ~(^’^)


トロッコ列車から見下ろす保津峡には、様々なスタイルで嵐山を楽しむ人々がいます。
こちら↓は、屋形船で保津川下りをする方々。


ラフティングの皆さんは、にこやかに手を振ってくれました(^’^)


こちらの船は、なかなかエキサイティング! 船頭さんのダイナミックな動きに惚れます(笑)。


保津峡の自然や風景を楽しんでいる間に、トロッコ列車はいくつかのトンネルを通過します。
窓がないので、トンネルを通過する時の音がすごい! 会話はまったく聞こえません。
そんなちょっとした非日常も、楽しいんですよね~。


トロッコ保津峡駅には、焼き物の大小様々な狸がズラリ(^’^) ユーモラスな姿がなかなか乙です。
後ろに見える吊り橋は、サスペンスドラマでよく使われるそうです。


それにしても、緑が綺麗です。 水音も耳に涼やかで、癒されるとはこのこと!
常日頃、大都会のビル群に囲まれているからでしょうか…定期的に自然の中に身を置きたくなります。
故郷の北海道の雄大な自然とはまた違うけれど、日本画のような美しさの京都の自然も、心が穏やかになる
ようで大好きです。


サクッと手軽だけれど満足感の高いトロッコ列車、カップルでも家族連れでも友人同士でも楽しめると思います。
今回私達はネイチャ―・サルーン号という1~4号車の窓を大きく開閉出来る車両に乗りましたが、本当は
5号車のザ・リッチ号がお勧め! 足元まで超オープンなので、吹き抜ける風の体感具合が違いますよ。

それにしても…やっぱり今回も楽しかった(*^^)v?


トロッコ列車で嵯峨駅~亀岡駅間を楽しみ、亀岡駅から戻る途中の嵐山駅で下車した私達の目の前には、
小倉山のトンネルがドーン!
屋形船でお食事をした時に遠くに見えた小倉山です。 
ここからお散歩したのは、トロッコ列車同様・嵐山のド定番スポットです!

Text & Photo by 
◎ lapilishs peaceful life ◎

車窓からの眺めがとても素晴らしいですね! 四季折々の景観を楽しめて嵯峨野の自然の美しさを堪能できそうです^^

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
カルデラウォークin南阿蘇2011☆>>

関連旅とお散歩


人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

ピックアップ
現在の賛同数:
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

シンちゃん