マチュピチュ旅

2013年4月3日
 中南米に暮らしたら、ぜひとも!と言われて、インカ帝国の遺跡マチュピチュへ行ってきました。
みんなに、「いいなぁ~」と言われましたが、なんだか今も夢のような感じで、
写真の整理をしながらも、まだ現(うつつ)の事のようには思えなくて・・・。
でも膝も痛いし、太もももにも筋肉痛が残っていて、あぁ、行ってきたのねと…。



 世界遺産と呼ばれる太古の遺跡巡りはずいぶんしたけど、今回は、
人類の残した遺産+、そのロケーションと自然が圧巻でした。
ここに、下手な遺跡の写真と、遺跡解説の旅行記を綴る気は毛頭ないのだけど、
人類が残したモノには、大きな英知があることに改めて感動し、
マチュピチュの素晴らしさは、遺跡と自然との融合にあるんじゃないかなぁ~と思います。
なかでも日本人が魅せられる理由には、
森羅万象に神宿るというインカ帝国の宗教観、山岳信仰にも似た高地での都市形成、美しい高山植物の数々などでしょうか。

 お決まりの遺跡の体面にあるワイナピチュの絶壁には登らず、
天の邪鬼ゆえ、人の少ないインカ道と呼ばれる、いにしえからの道をミニトレックして、色々な角度からのマチュピチュを眺めて、高山植物と大自然を存分に楽しみました。
 セマナサンタのために南米中からの観光客、人があふれて、パワースポットとはいえ、ヒーリングよりも、なんだかとてもたくさんの電磁波が飛び交っていて、よろしくないわねぇ。
 若い人には、安宿と、4日徒歩トレッキングでアクセスして感動して欲しい。
シニアは贅沢にもたっぷりと時間とお金をかけて行って欲しい。
そんな観光地でした。
Text & Photo by 
ジェット妻ストリーム2

世界の景色は壮大ですね★ 1度訪れてみたい場所ですね♪♪

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
こでかけドライブ>>

関連旅とお散歩


人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

ピックアップ
現在の賛同数:
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.