Bruxelles ~雨上がりの夜のお散歩~

2013年6月30日


梅雨空の日本を脱出して、梅雨のないbruxellesへ時間旅行。
梅雨はなくてもベルギーの天気はきまぐれ。
晴れのち雨のち曇りのち雨のち晴れ。
こういうのが日常のベルギー空模様。
さて、central駅のアーケードを抜けて夜のお散歩に繰り出しましょうか。



子供の頃は鬱々とした冷たい雨が嫌いでしたが、大人になってから発見したのは雨上がりのbruxellesの美しさ。
濡れた石畳は鏡のようにオレンジ色の外灯を映し出します。

オレンジ色の外灯はベルギーのシンボリックな色で、
飛行機からも国全体がオレンジ色に輝いているのが見えるのです。

そしてぎっちりと並んでいる路上駐車も昔から変わらない光景。
バンパーをばんばん押しながら自分の車を押し込む技術は、ほれぼれするほど。

目線を上に見やると見えてくるのは、世界遺産のgrand placeの中にあるゴシック様式の市庁舎の塔。
塔の頂点からは、bruxellesの守護の天使のst. michaelが平和なる街を見守ってくれています。







ヨーロッパ最古のアーケード、galaries royales saint-hubert
日中は観光客でざわついているこの場所も、静寂に包まれています。
Text & Photo by 
D's photo life

夜のウィンドウショッピングも、ゆっくり見られていいですね☆ 灯りの付き具合も、オシャレです☆★

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
レトロな町>>

関連旅とお散歩


人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

ピックアップ
現在の賛同数:
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.

シンちゃん