ZOU-NO-HANA-CAFE@横浜

2013年8月23日


氷川丸、やっぱりかっこいいー!


山下公園に来るのも久しぶり~!
夏らしい雰囲気で、暑さも爽やかに感じます。



そしてそのまま、ずーっとまっすぐ歩いて
像の鼻地区へ。
リーフレットはこちら。
象の鼻パークについて。



象の鼻テラス-cafe-。

象の鼻テラスは、横浜市・開港150周年事業として、
2009年6月2日に開館しました。
横浜港発祥の地を、横浜の歴史と未来をつなぐ象徴的な空間として
整備した象の鼻パーク内に、アートスペースを兼ね備えたレストハウス(休憩所)として、
横浜市が推進する新たな都市ビジョン「文化芸術創造都市クリエイティブシティ・ヨコハマ」を
推進する文化観光交流拠点の一つです。
以上サイトから引用。



入り口の左手には、横浜税関のクイーンの塔が見えます。



この日はランチのすぐ後だったので、
コーヒーをいただくことに。


時をかける象(ペリー)
象の鼻テラスのシンボル。
横浜の150年の歩みを見つめ続けてきた
<<ペリー(時をかける象)>>が、
これからの横浜と人類を力強く導く、
対話と活力のシンボルです。
制作年:2009年
サイズ:全長6m(体長3m、牙3m) 高さ2m60?、足のサイズ72?
仕様:繊維強化プラスチック(FRP)ほか

以上サイトから引用。
常設されていますよ。



けっこう広いです。



子供たちの思いがつまったスツール

フィンランドの来たアーティスト、カティア・トゥキアイネンと
55名の横浜の子供たちが開館時に共同制作しました。
トゥキアイネンがフィンランドのおとぎ話から着想を得た下絵を描き、
子どもたちが彩色を施したスツールは、子どもたちの創造性と、
遠い国から来たアーティストとの交流から生まれた思いの詰まった作品であり、
象の鼻テラスを構成する重要なアイテムのひとつとなっています。

企画構成: 武松幸治+E.P.A
協力: Artek
以上サイトから引用。



窓には、気になる文字が。^^



こちらでドリンクやフードなど購入できますよ。



しばし休憩の後、赤レンガ倉庫に向かって歩きました。
本当に気持ちがいいですー!



赤レンガ倉庫に到着~♪
このあとお買い物して帰りました。^^

お子さんのいる方にはおすすめのお散歩コースです。
像の鼻一度いらしてみてくださいね。^^
Text & Photo by 
mycup2.exblog.jp

お散歩コースに最適なスポットですね☆★ 新しい発見が色々出来そう♪

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
バンコクの街の片隅で~チノン35F~ ソーン~>>

関連旅とお散歩


人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

ピックアップ
現在の賛同数:
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.