明治神宮

2016年1月1日
12月20日に初めて参拝した明治神宮の様子です

機材は、Nikon 1J5 + 1 NIKKOR 18.5mm f/1.8
撮影は、絞り優先。絞りは、最後の2枚だけ2.5、それ以外は3.5。ISOはAuto(上限3200)。

RAWの保存設定をし忘れ、JPEGをサイズ変換したものなので、多少画質が劣化してるかもしれません



JR原宿駅からすぐに参道に入れるのですね。これまでは、改札出てすぐに反対側に行ってしまってたので、線路挟んで様子ががらりと違うのにビックリしました





野生的な樹木に感動です



これ、1本の木です。50mm相当レンズでは全体を撮影できません



カメラを縦にしても入りません・・・。参道に入るなり上を見上げての歩行で、なかなか前に先に進みません(笑)

明治神宮のホームページでは、ここの森のことを「代々木の杜」と書いてました



NHKの番組HPでは、「明治神宮の森」と。
ところで、「?赤福」のHPには、「神宮の森」というと伊勢神宮の森を言うとあります(笑)
しかし、少なくとも関東では、神宮の森というと明治神宮の森のことだと、みなさん思いますよね^^

この立て札のところを過ぎるとすぐに御苑の入り口(新宿御苑ではありませんよ 念の為^^)がありましたので、参道からそれて、御苑を通って拝殿に向かいました



紅葉はほぼ終わりかけていましたが、落葉した樹木もなかなか画になるものがあります。じいじは、こういう画が大好きなのです^^





1 NIKKOR 18.5mm f/1.8はAFしかできませんが、1J5はなかなかの優れものではないかと思っています。ほぼ思い通りのところにフォーカスしてくれます





清正の井、湧水量はそれなりにあるのですが、うまく設計されているのか、水面が揺れることなく鏡のように樹木を映し出しています。紅葉の頃はいい画が撮れるのでしょうか





向かって左のクスノキ、「夫婦楠」の説明がありました。



この「夫婦楠」、縁結びの象徴でもあるとのことからでしょか、女性単身で参拝されてる方も多数おられました
良いご縁がありますように!!



拝殿です



拝殿側から撮影したクスノキ
うまく剪定されてると思いました
東京に住んでる人が羨ましい!!こんな野生的な杜と新宿のような大都会が隣合わせとは!

このあと、新宿御苑に向かいましたが、そこでも都民の人たちが羨ましくなってしまいました
新宿御苑は、環境省が管理する国民公園の一つで、入園料がなんと200円!
楽寿園より8倍も広くて、100円も安い!!  って、羨ましいのはそこか!と突っ込みはなしで(爆)

久しぶりに、1J5 + 1 NIKKOR 18.5mm f/1.8 でたくさん撮影してみました
この組合せは本当にいいなと思います。ほとんど、失敗のない写真ばかりで、きちんと旅の想い出のアルバムが出来上がります
今回は失敗写真はゼロ枚、こういう撮影ならファインダー無しでも十分です
キットレンズのもう一つのズームレンズは、ほとんど出番がありません。この18.5mmの写真を観てしまうと、よほどズームの必要性が無い限り、使う気になりません
Text & Photo by 
じいじとばあばのフォトライフ

クスノキがとっても立派で圧巻です☆自然に囲まれた明治神宮、参拝に人気な理由がわかりますね☆

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
撮らずにいられない 『浅草で‥』>>

関連旅とお散歩


人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

ピックアップ
現在の賛同数:
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.