夏山登山 千畳敷カールにて ~木曽駒ヶ岳

2016年8月7日

7月31日 日曜日 快晴この夏の一大イベント、木曽駒ヶ岳をめざしての日帰り登山は目に飛び込むいきなりの雄大な景色に 興奮と感動からはじまりました。




千畳敷カールです。






しらび平駅で ツアーのバスを降り 駒ケ岳ロープウェイに乗り換えて 一気に標高2,612mの千畳敷カールまで一直線。
この駅は、日本で一番高い標高に位置する駅とのこと。

そして、これから目指す 標高2,956mの木曽駒ヶ岳中央アルプスの最高峰であるこの山は、日本百名山・新日本百名山・花の百名山に選定されています。
お天気を心配していたにもかかわらず、抜けるような快晴で用意していたフリースは、まったく必要なさそう。ここでこんなに暑いのだから、下界ではどんな気温なんだろう・・・なんて ちょっとだけ優越感を感じたりして。
登山初級のツアーに、友達と4人で参加しました。



千畳敷では標高に体を慣らすため 30分ほど滞在します。その間に、少し早めの昼食をとることに。



竹かご弁当付き♪山で食べるお弁当て、なんでこんなに美味しいの~(^^)




出発の前に 添乗員さんと ガイドさんからの連絡・注意事項を聞きます。




・狭い歩幅で ゆっくりと深く呼吸をしましょう。
・高山病予防のため、水分はこまめにとりましょう。少なくとも1リットルは用意してください。
・行動食も必ず持って行ってください。体力の消耗を防ぎます。
・今日は 登山客がとても多いので、登りと下りでのスレ違いがかなりの頻度で発生するはずです。その時は、自分で足場のいい場所を見つけて待ちましょう。万が一 転倒した場合、大怪我に繋がります。・ここは、標高2,600mを超えている高所です。今現在、非日常に身を置いていることを忘れないように。自分の命は 自分で守るという意識を常に持って 行動してください。

このようなお話を聞き、身が引き締まる思いで 山への第一歩を踏み出しました。





このあとは、ほどなく「八丁坂」という、最初の難関へ・・・。
Text & Photo by 
すずめtoめばるtoナマケモノ

こんな素敵な大自然に囲まれながらのお弁当は格別ですね(^^♪最高の快晴でとても気持ちよく登山ができそうです☆

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
向日葵とカンナの咲く道♪>>

関連旅とお散歩


人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

ピックアップ
現在の賛同数:
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.