出雲日御碕灯台の絶景

2016年9月3日



昨年、時間がなくて訪れることのできなかった

出雲日御碕灯台にやってきました。

石積みの灯台としては東洋一の高さです。



灯台への小路は土産物屋がひしめいています。

日御碕でとれた魚介が味わえるお店もあり

豪快な海鮮丼の写真が目をひきます。

貝殻を売っている土産物屋さんでウニとホネガイをお買い上げ。



断崖絶壁にたたずむ

高さ44メートルの灯台が見えてきました。

お天気にも恵まれ白亜の灯台が

空の青、海の碧によく映えます。

色白で美人な灯台です。

世界の灯台100選や日本の灯台50選に選ばれ

文化庁の有形文化財であり

経済産業省の近代化産業遺産でもあるので

日本を代表する灯台といってもいいでしょう。



灯台の手前にあるV字の崖。

下を見ると足がすくむ~。

このあたりは松林もきれいです。



灯台の誕生日を書いたプレート。

初めての点灯が明治三十六年四月一日ということかな。



灯台の中は163段の螺旋階段があり上まで登れます。

大勢の観光客が登っているので

狭い階段を譲り合いながら上ります。

しかし、外気温が36度を超しているので内部はサウナ状態!

汗で水をかぶったような状態でした。



いちばん上に到着。

外からの風が吹き込んで爽快~。

塔のトップを支える4本の柱。



柱や換気口など年代物ばかりなので

マテリアルのデザインが凝っています。



下からチラッと見えるレンズ。

40キロ先まで光が届くそうです。

 

灯台のバルコニーに出ると見渡すかぎりの水平線。

よく晴れた日には約50キロ先の隠岐島まで見えるとか。



ここは島根半島の西端で古代より日没の地にあたり

日本の夕日を代表する景勝地です。

お天気は申し分なかったけど

ここから東の半島でさえ霞んでいました。

島根半島の全景が望めると聞いたので

あの先の方は以前訪れた美保関灯台が立っているのでしょうか。



下にいる人たちが小さ~。

海面からだと60メートルを超えるとか。



磯のまわりも透明度が高いので

海中の岩まで見てとれます。

今度来るとすれば秋の夕日の頃かな。

夏はもういいわ~。
Text & Photo by 
つれづれ日記

さすが日本一の高さを誇る灯台!!360°広がる絶景は大迫力でとても美しいですね(^^♪

ウーマンエキサイト編集部 はぴこ

  • ブログに投稿
高飛び込み大会@ポリニャーノ>>

関連旅とお散歩


人気のキーワード

>>旅とお散歩のキーワードをもっと見る

ピックアップ
現在の賛同数:
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.