その言い方大丈夫? 子どもの上手な叱り方まとめ

(c) Konstantin Yuganov - Fotolia.com

その言い方大丈夫? 子どもの上手な叱り方まとめ

子どもが何か悪い事をした時、叱り方の違いで子どもにあらゆる影響を与えてしまうことも。叱り方を間違えると、何が悪かったのかを理解しないだけでなく、子どもの心の成長に悪影響を与えてしまいます。子どもの心の成長を助ける、上手な叱り方を紹介します。

効果的な叱り方とは?

叱り始めるのは何歳から?幼い子どもの「効果的な叱り方」3つ産まれた頃はおっぱいを吸って寝てばかりいた赤ちゃんも、時が経つにつれ成長し、いろんなことができるようになっていきますね。子どもが成長してく...
男の子と女の子でこんなに違う!効果的な叱り方大人でも、男性と女性では考え方や性格が違うように、子どもでも男女で基本的な性格が異なるもの。それでは、男の子と女の子では効果的な叱り方も変わるのでしょうか?男の...
叱るって難しい!子どもに伝わる叱り方のポイント叱るって難しい!子どもに伝わる叱り方のポイント

その叱り方NG

その叱り方、まずいかも?「年中無休の怒り屋」を卒業するポイント毎日、ガミガミ叱っているのに、子どもは“馬の耳に念仏……”どうすればいいのか分からず、途方…
言葉だけのしつけはNG!「百聞は一見にしかず」視覚的にも訴えるのが効果的な理由心に響かない叱り方と、響く叱り方があります。毎日毎日、同じことを注意しているのにちっとも…
“手づかみ食べ”でついイライラ!「厳しく叱らない方がイイしつけ、叱りたいしつけ」の違いって?同じくらいの月齢の子どもが外出先のレストランなどで上手にスプーンを使っている姿を見ると、ま…
「こら!ダメ!いい加減にしなさい!」時間ロスになってしまうNGな叱り方って?スーパーで売り物を触っている子どもに「こら!」「ダメ!」「いい加減にしなさい!」と叫んでいるママを見かけます。そして数分後、子どもが言うこ...
実は逆効果!ついやってしまう子どもの叱り方3つ1、たたいたらダメ!友達と遊んでいるときによくあるのが「ケンカ」ですよね。見ている方がヒヤヒヤしてしまいます。自分のおもちゃを取られて、友達をたたいてしまうこと...
怒るだけでは子どもの心に響かない 「怒る」と「叱る」の違い「怒る」ことと「叱る」ことは、まったく違います。子どもは怒られても、何について怒られているのか、実はわかっていません。どうしたら子どもにわかってもらえるでしょうか? 感情に任せることのない、上手な叱り方について考えていきましょう。

伝わる叱り方

子どもの心に届くイタズラの叱り方 気持ちが伝わる3つのコツ小さな子どものイタズラは「ただ、やりたかっただけ」の悪気がないものがほとんど。なので、子どもの好奇心を育てるためにも、あまり叱りたくないものですね。しかし、イタズラの中には命の危険があるものや他人に危害を及ぼすものなど、絶対にやめさせなくてはいけないものもあります。そんなとき、子どもに対してどのように叱れば、子どもの心に伝わりやすいのでしょうか。
何度言っても聞かないわが子への「深刻度に合わせた適切な叱り方」3つ「うちの子は何を言っても聞かない」「子どもに手を焼いている」といった悩みを持つ親御さん、きっと少なくないと思います。そこで今回は、米オクラホマ州立大学の研究者が...

キーワードからまとめを探す

その言い方大丈夫? 子どもの上手な叱り方まとめ | ウーマンエキサイト まとめ

関連子育てまとめ

新着まとめ

人気子育てまとめランキング



ピックアップ
現在の賛同数:
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.