大好きなうつわをながく、大切に使いたいときのお手入れ

日々使う大好きなうつわ。お料理を引き立て、彩ってくれるうつわはしっかりとおていれすることが重要です。お手入れのコツをご紹介します。

陶器市やギャラリーでお気に入りの作家さんのうつわを手に入れたものの、日頃の手入れってどうすればいいんだろう?

豆皿市を行い、そんな声を耳にする今日この頃。お気に入りのうつわを永く使っていただきたいから、今日はそんなうつわのお手入れ方法をご紹介します。

うつわの種類

うつわは大きく分けて、「磁器」と「陶器」の2種類に分かれます。

「磁器」は「石もの」とも呼ばれ、陶石が主な原料。光が透き通り硬いのが特徴で、たたくと金属的な高い音がします。

それに対して「陶器」は「土もの」とも呼ばれ、陶土が原料。光が透き通らず柔らかいのが特徴で、たたくと鈍い音がします。

水を吸わない磁器は特別なお手入れを必要としませんが、吸水性のある陶器はお手入れをしないとお料理の汁気などで風合いが変わってしまうことも。

味わいのある風合いならそれを楽しむのも素敵な心意気なのですが、大きなシミになってしまうとちょっと困ってしまいますね。

今日はそんな「陶器」の負担をぐっと減らす、お手入れ方法をご紹介します。

うつわ(陶器)のお手入れ方法 =使用前=

「使い始めにお米のとぎ汁で煮る」という方法もあるのですが、カビの発生の原因になることもあるようです。

今回は水に浸けて使用する方法をご紹介します。


汚れがつくのを防ぐためにあらかじめ水に浸します。浸けるのは2分〜5分ほど。その後、取り出して軽く拭いて使用します。

うつわ(陶器)のお手入れ方法 =使用後=


01. 洗う


うつわを使用した後は、中性洗剤で洗います。

金属タワシは傷をつけてしまうので、ここではスポンジを使用しましょう。

02.すすぐ


ぬるま湯や水ですすぎます。

03.拭く


布巾で水気を拭き取ります。

04.乾かす


すぐにしまわず、一晩しっかり乾かしてからしまいます。

ちょっとひと手間お手入れをするだけで、永くお使いいただけるうつわ達。

うつわを育てる感覚で、使い込む楽しさをも味わっていただけたらと思います。

▼おすすめ商品

・葛西国太郎 白マット 豆皿/かさいくにたろう

・葛西国太郎 色絵 豆皿/かさいくにたろう

注目記事

ウーマンエキサイト公式LINE@忙しいママの暮らしに彩りを与える雑貨や最新記事情報をお届けします