ペットカタログ

powered by  

カラー・ラージグラス

カラー・ラージグラス

名前

カラー・ラージグラス

学名

Chanda baculis

分布

タイ

体長

5cm

特徴

体が透明で骨格が透けてみえるラージ‐グラスの体内に、蛍光塗料を注射して色づけした魚で、東南アジアから盛んに輸入されてくる。

飼い方

酸性に傾いた飼育水を嫌うので、水換えは多目に行い、絶えず飼育水を中性付近に維持したい。性質は温和なため、同じような水質を好む、ほかの魚との混泳に向く。

飼育レベル

飼育に適した水槽のサイズは60cm。水質に関して、特別な配慮は必要ない。

何でもよく食べるので、特別な配慮は必要ない。

雌雄差

メスのほうがひと回りからだが小さいので、成魚になれば雌雄の判別は可能である。

繁殖

水草の茂みなどに、卵をばら撒くようにして産卵するタイプ。産卵まではさほど困難ではないが、フ化した稚魚は非常に小さく、動物プランクトンを豊富に用意できない限り、育成はかなり難しい。

注意点

体内に蛍光塗料を注射するという技術には感心するが、これを改良品種とは呼びたくない。実際体内の蛍光塗料は、時を経るにしたがってだんだんと薄くなっていき、最後はまったく色が抜けてしまう。

「カラー・ラージグラス」と同じ種類の淡水魚

あにまる。オススメ記事

» あにまる。をもっと見る

オススメコンテンツ

ショッピング

Copyright © 1997-2014 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.