新年の幸運を引き寄せる、良い初夢を見る方法






古来から、初夢はその年の吉凶を占うものだったので、できるなら良い夢を見たいという人々の願いを込めた、良い夢を見るためのおまじないというものも、存在しているのですね。


それは、正月2日(地方によっては3日の場合も)の夜に、宝船と、ある和歌が書かれた紙を枕の下に敷くと良い夢が見られるというもの。


2日の夜の夢が初夢だと言われるのは、大晦日から元旦は眠らないで夜通し起きているから夢を見ないし、~~初め(書初めとかですね)と言われる行事は、2日に行われるから初夢も2日の夜に見るのが正しいと言うことのようなのです。


そして、和歌とは?

「永き(長き)世の 遠の眠りの みな目ざめ 波乗り船の 音の良きかな」


「なかきよの とおのねふりの みなめさめ なみのりふねの おとのよきかな」


(頭から読んでも、後ろから読んでも、同じ。回文です)


この歌がなぜ、使われるのか由来は定かではありませんが、「なみのりふね(波乗り船)」と「みのり(実り)」、「とおの(遠の)」と「とおの(十の)」、「長き夜(夢見が続く)」や「長き世(長寿)」、または「長き世(時代の波)」、「船(宝船)」と「不音(静かな)」など、音や意味合いなどの言葉遊びが随所に用いられていて、おめでたい感じと、言葉の遊び(洒落)が、お正月に良い運を引き寄せるのに相応しいという事なのかもしれません。


この歌が書かれた七福神の宝船の絵を枕の下に置き、歌を3度読んで寝ると吉夢を見られると言われているのです。


また、この歌を歌いながら千代紙や折り紙などに歌を書き記し、その紙を帆掛け船の形に折って枕の下に置くことで良い夢が見られるとも言われています。


もし、悪い夢を見てしまった場合は、その船を川に流すことで、水に流し、邪気を払い縁起直ししたそうです。


小西一珠喜さんという、博多在住の切り絵師の方がご自身のブログにモノクロの美しい宝船をブログにアップしていらしたので、感謝しつつ、この絵を使わせていただきました。


皆さんも、この宝船を枕の下に敷き、良い初夢をご覧になって下さいませ。



小西一珠喜(こにしかずよし)切り絵道 良い初夢を見るおまじない


(STELLA)


【関連記事】

来年厄を迎える人へ。厄年なんか怖くない!
夢占いと現在の運勢がわかる『夢ココロ占い』サイト
夢は潜在意識からのプレゼント、夢見上手な女になりたい
夢を自由自在に操る方法!?
あなたも寝ている間に、別の星へ行っているかも?

キーワードから探す
オススメコンテンツ

Copyright © 1997-2014 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.