香港で、異国情緒あふれるアフタヌーンティーはいかが?

2010年11月25日 14:00

2009年10月に、オープンした複合施設「1881 Heritage(1881ヘリテージ)」。1881年に水上警察本部として建築された、香港の中心に位置する最も古いビルをリニューアルしたものだ。

モールの中にはホテル、5つのレストラン、バーおよびショップが入っている。店舗数は多くないもののティファニー、ロレックス、カルティエなど名だたる有名ブランドが軒を連ねている。

5つのレストランはそれぞれ異なったイメージ。テラス席からの眺めが最高なカフェ「The Parlour」は、開放感あふれる広場を眺めながらアフタヌーンティを楽しむことができる。


ここにきたら、ぜひ味わってほしいのが、フランス人シェフ、アレックス氏が作るアフタヌーンティのセットだ。アレックス氏は、フランスでミシュランの星も獲得した経験を持つ、スーパーシェフ。アラン・デュカスのお店でも勤務し、9年間ロンドンで経験をした後、香港にきて1年目。異国情緒あふれる店の雰囲気と、彼の作り出す正統派な味のコンビネーションがすばらしい。

手前のプレートの真ん中は、「エキゾチカ」。グアバやパッションフルーツが入っている。2段目のショッキングピンクのようなハートは、ローズフレーバーの風味で優しい甘さ。チョコムースやイチゴののったレモンケーキもある。

1段目はスコーン、3段目はサンドイッチ4種と、キッシュ、ハンバーガーで6種。これで一人分238香港ドルというのだから驚きだ。


コンセプトは同様だが、シーズンごとに旬な素材を使い、2ケ月ごとに内容を変更している。気になる方は、香港でぜひ1881ヘリテージを訪れてみては。

エキサイト・トラベル関連記事はこちら

取材:ウーマンエキサイト編集部

Check
キーワードから探す
オススメコンテンツ

関連カテゴリ

Copyright © 1997-2014 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.