ビューティ情報『目が小さいのはおでこのせい!? 表情を変えない事で起こるデメリット』

2016年9月6日 06:55

目が小さいのはおでこのせい!? 表情を変えない事で起こるデメリット

顔の表情の幅が少ない人なんかは顔の筋肉を動かさず過ごしているので、とてもたるみやすい状態です。
そのたるみって二重あごやほうれい線だけじゃなく、目も小さくさせていることを知っていますか?
おでこを動かさないとやがてたるみが出てきて、すぐ下の柔らかい皮膚であるまぶたを直撃します。
結果、目が小さく見えるだけでなく目つきも悪くなってしまうのです。
エステなどで顔をマッサージしてもらった直後には目が大きく見えるのもその為。
おでこもマッサージして、目を大きく見せましょう。
1


■ おでこのたるみ

おでこの筋肉って意識していないとあんまり動かさないんですよね。
だからこそすぐにたるんでしまいます。そしてまぶたも下がり、目が覆われてしまうのですができるなら目は大きく見せたいのが女心。
元々おでこは頭皮のたるみからきているといわれていますから、シャンプーの時に念入りにマッサージしてあげるのもいいのですが、やっぱりおでこに直接マッサージしてあげるのが一番有効です。

■ おでこのマッサージ

顔のマッサージクリームを使うのがベストですが、なければオールインワンゲルを使っても。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.