ビューティ情報『石原さとみがすっぴん披露!? 素顔感が残るメイク術のポイント3つ』

2017年9月14日 16:00

石原さとみがすっぴん披露!? 素顔感が残るメイク術のポイント3つ

女優・石原さとみさんのデビュー15周年と30歳を記念した写真集『encourage』が、オリコン首位を獲得しました。写真集の表紙を飾るのは、なんと完全すっぴん写真だとか。

「芸能人の“自称すっぴん”は信ぴょう性に欠ける」と疑問の声もありますが、テレビや雑誌で目にするフルメイク石原さとみさんとは違って年齢相応の目尻や代名詞のぽってり唇に刻まれた縦ジワさえも色っぽいと話題です。

世の男性はすっぴん好きが多いとよく言われます。しかしその本心は「すっぴんでも可愛い子が好き」「ナチュラルメイクが好き」なのであって、寝起きのようなすっぴん顔が好きなわけではありません。

今回は、男性に愛される“素顔風メイク”のポイントをご紹介します。

すっぴん風メイクのポイント


■ ■1:素肌感

まず大事なのは素肌感。シミやくすみやニキビ跡を隠したいあまり、コンシーラーやファンデーションを駆使してしまうと厚塗り感が出やすくなります。

「化粧直しのたびにファンデーションを塗り重ねているのか、帰るころには能面みたいになっている女性が職場にいます。笑うと目尻や口元がひび割れて……あれはホラーです(笑)」(20代男性/地方公務員)

重ね塗りは息苦しくのっぺりとした印象になるだけではなく、時間とともにヨレが目立ち、隠すつもりがかえって目立ってしまうことも。

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.