ビューティ情報『年の差を感じる…「おばさん認定」されるNGメイク』

2019年5月16日 12:45

年の差を感じる…「おばさん認定」されるNGメイク

いつの時代の人?って思います」(27歳・男性)

これは、本当にメイクのせいで老けていると言うよりは「派手な色=厚化粧=おばさん」という男性の思い込みによる発言かと思います。

元々の顔にない色味は、本当のメイクの濃さにかかわらず、おばさん認定されやすいよう。

とはいえ、男性ウケを意識して無難なメイクばかりでもつまらないもの。

ダークカラーのリップは女子会のときに使ったり、カラーメイクは、アイカラーのように広い面積ではなく、アイラインで「線で効かせる」など、取り入れ方に一工夫あると良いでしょう。

■ なじませる工夫を!

男性は、メイクに関しては女性が思う以上に雰囲気でものを言っている様子。実際のメイクの濃さはあまりわかっていないよう。

それだけに「なじませる工夫」「ヘルシーに見せる工夫」が大事です。

「男性ファッション誌に出てくる女性モデルのメイク」は、絶対に失敗しないデートメイクのお手本。自己流メイクとどこが違うか、見比べてみるのが吉ですよ!

中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)

presented by愛カツ (https://aikatu.jp)

関連記事
新着ビューティまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.